1. TOP
  2. いろいろ

いろいろ   260 Views

風水師の但馬壇です。

風水というか帝王学の一部ではあると思いますが、人が幸せに生きていくには、大きく上流・中流・下流と、3つに分ける事が出来ると、私は思ってます。

①下流→個人

②中流→組織

③上流→統治とかガバナンスとか言う感じ。

朝礼などは、神道にある「型」に当てはまります。

その型を実行する事で、元気を出したり動ける様にしていきます②や③で使えます。意識して①でやる人もいますが、多くはリーダー達ですから、自然と②③に繋がります。

行動や態度が感情を操作するというのは、TEDでも研究者さんがスピーチしている内容なんですが途中で己の思考を入れると、認知バイアスが働くのでうまくいかないです。

だから、まず誰でも、ある程度の再現ができる様に「型」つまりマニュアルを作ります。

マニュアルについては管理職やリーダーが育たないと言われますが、育てない様にしていると言っても良いでしょう。

突然他部署や関係ない人がトップに着くのは、そういった理由もあると思ってます。

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 手っ取り早く幸せ・恋愛・金運などなどを手に入れる方法

  • サンリオのキャラカフェが街に溢れています。

  • ある理由で、島珈琲というものを飲んでみました。

  • 彼の赤ちゃんをおろしたから、結婚できないと思っています、という話について。

  • あなたが願いをかなえたいなら、ここに気を付けて

  • 運気が上がるこんな行動つまり運気を下げないと言う事についてその1