1. TOP
  2. いろいろ
  3. ゾーンに入る感覚を覚えよう

ゾーンに入る感覚を覚えよう

 2022/06/17 いろいろ   2,890 Views

ゾーンに入る感覚を覚えよう

風水師の但馬檀です。

先日、昔営業でTOPをとったことを書きました。

その前から、部下というか、メンバーをまとめるようになり、管理業務なども数人で始めていました。

但馬は決して、順調にできたほうではないです。

出来る人が3ヶ月でガンガン契約を取り管理業務へ移行している中で、1年以上かけて管理業務などもやるように。

ところが、管理の仕事自体は、意外と簡単に終わってしまいます。

大変だったのは初めの一ヶ月くらいで、あとは結構ヒマ。

それで、そのメンバーで仕事が終わると、お金をかけてカードゲームをするようになりました。

はじめは全然勝てませんでした。

今でもそうなのですが、あまり勝負事に気合をいれるのが好きではないのです。

それで、当然負け続けました。

周囲の人からは良いカモだと思われていたのかもしれませんね。

毎晩誘われました。

ゾーンに入ることで、連勝するように。

ところが、3日め位になると、私が連戦連勝となってしまいました。

かけた金額は大したことはないのですが、買った人は総取りです。

当時は知らなかったのですが、最近でも、勝負事は勝ちに行くと決めると意外ととれたりします。

で、その時も負けっぱなしで嫌だなーと思っていたせいか、その日は最後まで勝ちました。

ゾーンの感覚を覚えよう。

そのときの感覚や思考は今でも覚えています。

つまり、そこに入ると、勝ちっぱなしになるのです。

こういうのをゾーンというのだろうと、ふと思い出したので書いておきます。

自分の良い状態を知ることは大切。

そして、良い状態に入るという事は、何事にも感謝できる状態でもあります。

そんな自分に気づけるようになる近道はこちら

 

Originally posted on 2017年7月26日 @ 8:54 PM

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 現状確認と、ネガティブ思考の違い。

  • ブラック企業で仕事をしてよかったなぁと思ったこと。

  • 目的を達成している人とそうでない人の、圧倒的な違い

  • 他部署の、仲良しだった嫌われ者の部長さんとのこと

  • 急に怒鳴りだす人のある決定的な問題と対策・怒鳴らせなくなる方法や自分で自分を整える方法について

  • 年収約二億円のサラリーマンがいます!!!