1. TOP
  2. か)いわゆる集客についてのお話
  3. 最後の一個がなかなか売れないのに、数を増やした途端に売れる事が増えました。

最後の一個がなかなか売れないのに、数を増やした途端に売れる事が増えました。

最後の一個がなかなか売れないのに、数を増やした途端に売れる事が増えました。

風水師の、但馬檀です。

先日通っていたパーソナルが終わったので、違う所に体験に行ってきました。

無料アプリで自宅でできるメソッドがあったりして、まずは出す、という理念があるところなのかな?なんて思いました。

さて、うちで扱っている開運アイテムは現在、

・龍穴パワースポット茶

・超開運ペンダント

・運を拓くオイル

・ミョウコンセキ

とあります。

どれも数量限定で販売しているため、最後の方になると、売り切れ後の処理などもあるため、パソコンの前で待機していることも多いです。

ですが、最近残りの1個の時点で、ご購入がピタッと止まってしまう事があります。

例えば、30分で残り一個なのに、それ以降何時間たっても売り切れにならないとか、そんな感じです。

試しに数を増やすと、途端に売れます。

どういうことかといえば、「とりあえずカートにいれて考える」という方がいらっしゃるのかなと思います。

他人にとられまいという発想から来る行為は何をうむか

これやる事によって何が起こるかという事なんです。

他の方がご購入できない。

一つ目は、他の方が購入できないという事になります。

だからカートに入れたんですものね。

当たり前です。

でもね、これって「とられないようにしている」という事ですよね?

とられないようにする、という考え方についての問題点

「とられないように」と考えている時点で、与えるのではなく奪い合いの世界にいますね。

自分だけ良ければよいって世界です。

例えば、不倫恋愛を成就したい方なら、奥さんにとられないようにするというのと発想は同じ。

で、「とられない」というのは「取る」という観念があるから起きる考え方なんですね。

こういう考え方を持っていると、彼とうまく再婚できても、また「とられるんじゃないか」と、常に不安を抱えることになります。

最終的に、パートナーとの関係も、不安からの言動でおかしくしてしまう事も多いです。

時間も消費されるものです。

先ほども書きました通りで、但馬自身の時間も消費されます。

どういうことかといえば、その時間があればできることを、一人の人が但馬の事を独り占めしているのと同じことです。

なんか、すごく得した気分になるかたもいるかもしれませんけど、そうではないですよ。

但馬は、その間に新しいアイデアにチャレンジすることもできます。新しいメソッドを開発することもできます。

先日も少しお話をしていたのですが、但馬が他の人にブログ記事を書いてもらっている間は、他の企画を考えたり、色々と多くの方幸せになる方法を模索しています。

結果がでれば、それを皆さんにご提供していますので、結果としてたくさんの人の幸せにつながると思っています。

それを、奪ってしまう事になります。

おごった言い方になってしまうのですが、さいとうひとりさんも、自分のやることは新しい商品を考える事で、他の作業は他の方がやることだとおっしゃっています。

うちも商品開発をしているのは、私です。

というか、正しくいえば私ではないのです。

私の体を使って色々と体験させたり、メッセージが降りてきたりするので、その通りに動いているだけです。

そういうものも奪ってしまう事になります。

それが大きくなって帰ってくると思うと、ちょっと怖くありませんか?

そう考えると、奪い合いの世界って怖いですね~

あくまで自己責任ですが、与えあえる世界にシフトしましょう^^

関連記事

  • 青山にご招待いただき、体が喜ぶお茶会を、開催しました。

  • 業界平均の5倍以上の売り上げを出す方法

  • 懲りずに方位とりに行きましたところ、不思議な展開が起こりました。(序章)

  • 占い師などのプロデュースをしています。

  • お線香を切らしてしまった私に起きた出来事

  • 1日に何通も長文メールを送ってくるクライアント様への接し方。