1. TOP
  2. く)神社・神様関係
  3. 能登一ノ宮、氣多大社「入らずの森」

能登一ノ宮、氣多大社「入らずの森」

こんにちは風水師の但馬檀です。

今日は、能登半島にある、氣多大社と言うところに行ってきたお話しです。

こちらには、いらずの森と言って、前田利家の時代から立ち入りをしていない森があり、素戔嗚尊とクシナダ姫が祀られています。

令和記念で今月のみ公開しているという事でしたので、一生に一度は入れるかだと思いまして行ってきました。

考えてみたら、日本海をちゃんと見たのもこれが初めてかも。

でまぁ、実際行ってみると、温暖化が進んだことが原因で、森の生態系が変わってきているんだそう。

それで、今までのように人の手をかけずに保存することが難しくなったため、一般公開に踏み切ったそうです。

月初めから公開の事は知っていたのですが、何日か前にふと行きたくなりまして。調べてみたんですが、どうもスケジュール的に無理があり断念。

ところが、その翌日くらいに、たまたま現地の起業関係の知人がサロンに来まして。色々話していたら、いけそうなことが判明。

朝一の飛行機にちゃんと乗れるか不安だったのですが、夜行バスで能登まで行けるそうなんです。これなら、朝につくから、確実に日帰りできます。

帰りは溜まっていたマイルを使って飛行機。隣席あいてましてらくちんで帰ってこれました。

車を自分で運転した方が早いのかもしれませんが、少しでも寝不足ですと単独事故を起こします。

何度かやっているので、自分では運転をしないと決めています。

運転、大好きなんですけどね。

好きすぎて、高速すっ飛ばして訳わからない場所まで行くことが目に見えているので、やらないです。

実際車持っている時は、週末になると、当時住んでいた河口湖−東京間を2時間ちょいくらいで行き来していましたから。

ところで、教えてくれた方は、当日は、たまたまお休みだそうです。

それで氣多大社案内してくれることになりました。

そんな訳で、バス停からどうやって行こうかという悩みも解消。

向こうは車社会ですからね^^

私ったら、理想のリストでお出かけしようと思っても、歯止めがかかる部分が電車移動だったりします。

上に書いた通りで、タイトなスケジュールですと事故を起こすのが容易に想像できるわけで。

まぁタクシー捕まえれば良いだけなんですけど、一人だとちょっと不安だったしで。

なんでも予定していたことが出来なくなったとかで、お相手の方も喜んでくださいまして。あら引き寄せちゃったわと大喜び♪

で、ただ森に入ってみたいという事で行ってみたのですが、上にも書いた通りで、氣の流れを守るための生態系の話ですとか、御祭神がまいどの大国主命だったりとかで、あーまた呼んでくださったのですねぇという感じでした。

氣多大社の歴史としては、大国主命が300人ちょっとの人をつれ、大蛇や化鳥を退治してくれたので、海路が拓けたなんて話が古文に残っているそうです。

ちなみに、こちらの大社には菊理姫がおりました。

実は、こちらも全く知らなかったのですが、名前だけで実際の人となりの記述があまりなかったことがない神様のようです。実際呼ばれが感じがあってお参りをしたのですが、なんか色々やってくださって最後に昔の絵のようなものを見せてくださいました。

重要文化財の神門

重要文化財にもなっている神門ですが、入り口に立つと、中からブワッとご神氣のようなものが出てくるのを感じました。すっごいなぁと思いつつ中に入ると、こちらもかなりすがすがしい感じがします。

この日アテンドしてくださった方は、海外から帰ってきたばかりの方。「やっぱり日本は空気綺麗だなー」って。いやそこ違うから、笑笑。

いらずの森は撮影禁止なので、荒魂を祀っている社をかわりで。しかしエネルギー半端ないです。

さて、いらずの森でございます。

温暖化により生態系が崩れていることが問題となっている「いらずの森」

こちらなんですけれども、昔はねたくさんの大木で日陰になり、森の外から鳥が種を運んできても、日陰だし寒いしで育たなかったそうなんですね。

ところが最近の温暖化によって、外からの植物の種も育ってしまうようになってきた。そのために今までの生態系が崩れてきているそうなのです。それで、今までは手を入れなくてもよかったんだけれども、最近は人の手を入れないと森の生態系が崩れてしまうということ。

それで、そういった事実を知っていただきたいという思いから、一般公開に踏み切った、という事のようです。

まがりなりにも環境問題のコラムなど書き続けているわけなので、これはいってよかったです。大国主命さま、呼んでくださって、ありがとうございます。

独立宗教法人になった経緯?

こちらの神社なんですけども、2005年くらいに独立法人になっています。森の管理にお金がかかるようになることは、おそらくかなりの出費が予想されます。その辺で神社庁と話があわなかったのではないか?などご勝手に予測しています。

しかし、もともと各神社で祈りの上げ方はかなり違うようです。多様化していた神社を一つの規則で縛る事自体ナンセンスだと思ってしまいます。

神様って、偉くファジーだと思いますからね。

実際に、今回、いらずの森に入るときのお祓い、他の所とはちょっと違うように思いました。同じなのかな?ちょっとわからないですが。

もともと 神社によって儀式が少しづつ違うのですが、氣多神社もその神社らしく変化していて、興味深かったです。

神社に向かう最中に、ちょっと離れた、無料駐車場っていうのがありましたので、そちらに車を止めたのですが、海が、よく見えてとてもきれいでした。

そこから神社へ行く途中、距離がありましたので、少し迷子にもなってしまったのですが、かえって、海の輝きを見渡せるような場所につきまして、とても素敵な風景を見ることができました。

今でこそ家があって、見えないですが、昔は大社から、海を一望できたのではないかと思います。とても眺めが良く、考えてみたら、美穂神社にちょっと似ているかもなんて思いました。

で今気づいたけど美穂神社の付近も海がみえてとても気持ちが良いのです。しかも日本海!!日本海初めてじゃなかった、笑笑。

両方とも海も綺麗。なんて素晴らしいところに、作ったのだろうと感激しました。

氣多神社は本当に自然の綺麗なところです。ご興味のある方はぜひ行ってみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!
パワスポツアーや健康情報など、人生を変える無料メールマガジンのご案内
パワースポットツアーのご案内や、人生を変える・健康情報など満載の、無料メールマガジンを発行しています。
無料登録

関連記事

  • 東寺:京都府で難病が治ったと噂の神社&お守り・パワーストーン。病気平癒ができる東寺

  • 柴又帝釈天:東京都で難病が治ったと噂の神社&お守り・パワーストーン。病気平癒ができる柴又帝釈天

  • 晴明神社:京都府で難病が治ったと噂の神社&お守り・パワーストーン。病気平癒ができる晴明神社

  • 道明寺天満宮・元宮土師社:大阪府で難病が治ったと噂の神社&お守り・パワーストーン。病気平癒ができる道明寺天満宮・元宮土師社

  • 砥鹿神社:愛知県で難病が治ったと噂の神社&お守り・パワーストーン。病気平癒ができる砥鹿神社(里宮)

  • 不思議な出来事