1. TOP
  2. 未分類
  3. 右脳を使ったイメージング記憶法

右脳を使ったイメージング記憶法

未分類   270 Views

風水師の但馬檀です。こちらは、大昔に某所で教えてもらった記憶法です。

当時はコンプライアンスとかなかったのでシェアします。

これ、実はすごーく有効な方法です。

超簡単な記憶法

妄想、つまりイメージするという事は、右脳を使います。

右脳というのは、左脳の言語分野と違い、一枚の絵というか空間としての記憶を行います。

そこに、記憶したいものをイメージとして混ぜ込んでいく、というものです。

例えば、ランダムにものを覚えなければならないとします。

鍋・スチームアイロン・iPhone・犬・自転車…みたいな感じです。

規則性のないものを覚えるのって、すごく難しいです。

しかし、これを自宅もしくは付近の階段にしたから一段にひとつづつ並べたところをイメージでつくりあげます

鍋は、赤い色の可愛いものにしようとか。

自転車は大きいから1段に乗せようとしたら、逆立ちさせてハンドルの部分で立たせてみようとか。

きっちり創り上げますと、意外と長く覚えていられることに気付くと思います。

例えば、数字であれば、そのまま数字をイメージします。

現実世界では、ちょっとないようなイメージにまで仕上げると覚えやすいです。

なぜかと言えば、人は感動、つまり感情の動きがあるとより覚えることがわかっています。

余談ですが、日常生活の中で、楽しくない思い出の方が多いと言われたりします。

これは、楽しくない思い出の方が感情の動きが大きかった、つまり楽しくない事にフォーカスしている人が多いから、という事になります。

だからと言って、楽しい事にフォーカスしたほうが気分がよいですから、楽しい・面白いイメージをするとよい訳です。

コメントくださった方の、楽しくないと覚えが良くないというのも、そういう感情が動くか否かという部分に関わっている訳です。

こちらは、但馬が人間関係ですっごく悩んで20代の頃にどっぷりはまっていた自己啓発のセミナーで教わった事です。

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 依存症の彼が大好きなんですと言う方にやってもらったこと

  • 銀座にあるたけし&マイセン美術館with 巨木カフェ

  • ワードプレスに記事を書く事について

  • 自分から誘ってもOKの場合

  • 占い師に限らず、とても大切な事

  • お悩み相談:自分の容姿に自信がないんです。