1. TOP
  2. 占い師が即使える開運法
  3. 感情のエネルギーボールを投げ合っているとは、こんな感じです。

感情のエネルギーボールを投げ合っているとは、こんな感じです。

 2017/04/17 占い師が即使える開運法   1,438 Views

● 感情のエネルギーボールを投げ合っているとは、こんな感じです。

但馬檀です。

先日、朝からこんなメロディがずーっと頭の中をかけめぐってまして。

「愛した人は、あなただけ わかっているのに~♪」

実は、はじめの1フレームしか知らなかったのですが、あんまり頭のなかをグルグルされてもって事で、フェイスブックでアップしました。

すると、それまで散々頭のなかをめぐっていたのに、載せてしばらくしたら、はじめの1フレームすら思い出せない状態に。

プライドが高い人は、自分からなかなか言い出せないことが多いです。

実は、似たようなことがセッションでも起こります。

相手、つまり彼とか、違う意味で用事がある人とかが、自分の思いをエネルギーとして投げてきている事があります。

で、このエネルギーボールって、受け取っちゃうとね、そこに入っている気持ちだけ伝わるんです。

例えば「会いたい」とか。

「急ぎの書類、早く送ってよ」とか。

急ぎの書類、早く送ってよというのは、受け取ったほうも急がなきゃ~って作業しますので、まぁ問題ないことが多いですよね。

「会いたい」の場合は、我慢しなければならない理由があるので、少々面倒ですね。

素直に会いたいって連絡しても、本当に時間がなかったり、あと世の中には「見栄」とか「プライド」というものが横行しているので、本当は会いたいのに会わないとか。

そんなことをしている人たちが、世の中にはたくさんいるのです。

このしくみを利用すると、オフ会に参加するだけで、変化が起きます。

いずれにしても、お相手の方は、自覚はあってもなくても、とっても我慢している事が多いです。

こういうとき、セッション・オフ会やセミナーなどで一斉ヒーリングを受けたり、ご自身の思考がかわったりして、今までと違う波動の自分になる。

そうすると、こちらに送られてきているエネルギーボール(仮称)が、抜け落ちてしまったりして、相手に戻って行ったりします。

すると、相手が本来の自分の気持ちに気づいて、動きだしたりします。

もちろん、相手から投げられていたりしている、という事が前提ですが、相手からメールが全然来ていないのに、忘れられるのが不安で、メールを送ってしまう、なんて時には、こういうのが多いです。

そのエネルギー、いったい誰のものなの?

で、今回の動画についても、どーも、どこかから流れてきたエネルギーボールが飛んできたようです。

こういうボールって、多少ネガ入って来るんですが、私がルンルン気分で動画もアップしちゃったもんだから、元々の波動とは、ずれちゃったんですね。

もう歌詞すら思い出せないくらいになっちゃったんです。

で、ここからは、他人のせいにしたくなったり悪者探しみたいな感覚になりやすい部分ですが、一応技術的な知識という事で書いておきますね。

このエネルギーの発信源が自分のものか他人のものか、という見分け方です。

自分自身では、実は見分けが難しいです。

だってね、ネガティブなものは自分のものだと思いたくないでしょ。

自分が発信していたって、認めるのもつらいでしょ。

相手からネガティブ飛んできていてもいやですよ。

自分の事は、どうしても主観がはいりやすいので、難しい、という事です。

占い師が自分の事があたらない、医者は家族の手術はしない、というのはそういう理由からです。

ところで、実はこれをすると、考えなくてもクリアになるし、どちら発信かも、わかったりします^^

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 運を拓くための愛からの行動ができているかどうかのチェック

  • 真我(アートマン)について

  • 「たった5秒で、ありえないほど劇的な引き寄せをおこせる方法」は、本当なのか、という話

  • 初心者でも、速攻チャネリングが出来るようになる方法

  • 彼とのことで、罪悪感がでたら、どうする?

  • 運気をあげる、正しい〇〇の方法