1. TOP
  2. 画像撮影のポイント
  3. 画像撮影をする際に気を付けている事。

画像撮影をする際に気を付けている事。

 2017/04/22 画像撮影のポイント   1,543 Views

画像撮影をする際に気を付けている事。

風水師の但馬檀です。

どちらがおいしそうに見えるか。

先日、フェイスブックにこんな投稿をしました。

ケーキがどちらがおいしそうか、という話です。

全員左の画像がおいしそうとのお答え。

皆さんのコメントはこちら。

撮影のアングルとかもあると思いますが、ちゃんと撮影しようと思った時に、但馬が気を付けているのは以下の2点です。

光を感じる画像になっているか

こちらの2つの画像を比べてみてください。

同じ画像です。下のほうが新鮮な感じがしませんか?

これは画像処理で少し明るくしただけです。

銀塩(フィルム撮影)ですと、ライトを当てたりして、似たような効果をだしますね。

見栄えの良くないところは切る

続けてこちらの、評判が良かったところの画像です。

実は、元画像はこんな感じです。

端の形が不格好ですね。

あと、この構図だと、ケーキの端の色が、黒っぽく感じます。

カットして、画面の端のほうにすると、目立たなくなりますね。

まとめ

シチュエーションにもよりますが、画像をとるときに、全体像をきちんと写す、ということは重要ではありません。

大切なのは相手に画像をとおしてどんなイメージを伝えたいか。

ここを意識するだけで、撮り方が変わってくると思います。

あと、光を感じる写真は総じて評判が良いように思います。

これはできるだけ自然光で撮影するようにすればOKです。

もっと大切な事は、味や店内の様子・接客がちゃんとしている事です。

食品系の場合は特にそうですが、店内の様子や接客も含め、イメージ以上のものを提供できるか。

そんなところが、リピートにつながるかのポイントになります。

飲食店については、実際に相談依頼があり改善事例がありますので、そちらも書いていきたいと思います。

 

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ファッション・石・ジュエリー系のかた。写真は命です。