1. TOP
  2. い)ちゃんとした恋愛をするための方法
  3. 彼に1000万貢いでしまいました、というお話。

彼に1000万貢いでしまいました、というお話。

彼に1000万貢いでしまいました、というお話。

風水師の但馬檀です。

周りの人は自分の鏡といいます。

男性にお金を出すという経験が、実は全然ないです。

私は、いつもパートナーさんが家を買ってくれたり、専業主婦だったり。

男性にお金を出すという経験が、実は全然ないのです。

でもね、先日も話をしていたけど、結婚して半年~1年でお給料アップしたり出世しているんですもの。

サラリーマンで、半年でお給料が1.5倍になったらよいでしょ^^

今になって思えば、充分ペイできていると思うのです。

一応(*´艸`*)、家事もしていたし。

ただ、どういう訳かクライアント様に、過去に殿方に貢いでしまっている方がちらほら。

今はそういうことはないそう。

あそっか、今はないからうちへご相談へいらっしゃるのね。

参考までに聞いてみました。

それで、その出しちゃった方に、参考までにどのくらいの金額だったのか、教えていただきました。

どうも、800万前後みたいです。

990ECE2B-9579-4387-8E30-3D4738D423F0

画像は、インスタにアップして一晩たった時点のアクセス状況です。

はじめたばかりにしては、かなりアクセス集めていると思います。

それだけ、貢がせるという行為に反応する人が多いという事です。

実は、女性占い師というのは、情にもろいと思われているのか、少し売れ始めると速攻ヒモ男みたいなのに狙われたりします。

鑑定にいらっしゃる場合もありますが、名前を調べて違うルートで来ることもあります。

いまうちが生徒さんに実名で活動させないのは、そういう可能性も含めてです。

実際にお財布からお金を出しはじめたのはだれか?

この方の昔の彼は一緒に暮らしていたわけでもないし、お相手が家の事をやってくれていたわけでもないのに、出しちゃってました。

こちらの方は今では自分がやっちゃっていたことだからと納得されていますが、もしこれを「貢がされた」と、被害者意識を持っていると、また同じことをやることになります。

自分の行動を省みない限り、更に巨大化したモンスターと遭遇することになるのです。

だって、よく考えてみてくださいよ。

お財布からお金出しはじめたのは誰ですか?自分ですよね。

何をいっても、実際に動いたのは自分なんです。

あげまんになると、パートナーの収入があがります。

私は、物理的なものは出すことはしませんでした。

ちょっと良い雰囲気であれば余計にです。

相手に失礼だと思っているからです。

男を立てずにどうする?

それに、上に書いたように、私あげまんですからそこ大丈夫なんです(*´艸`*)

もし、相手があなたが満足するだけのデートを用意できないのであれば、自分が出すのではなく相手をかえなさい。

ていうか、金額でしか相手を見ることができないようなデートをするなら、あなたもそれだけの人ってことです。

人生何があるのかわからないのです。

お金があれば楽しいですが、お金がなくても楽しく過ごせる相手かどうかはもっと大切。

収入や地位で相手を判断するような、そんな、つまらん女にならないようにねっ。

家の事をやってくれている主夫さんはヒモなのかどうか。

昔、子供の保育園に、奥様が稼いでいて、いかつい旦那様が家事をやっているお宅がありました。

お2人ともフリーランスなんですが、奥様のほうが売れちゃったんですね。

今になってみると、売れていた理由もわかりますが、それはさておき。

そちらの家のお子さんって、すごくがっちりした体型の男の子で、華奢なお母様が家の事をやってその子の面倒をみていたら、おそらく倒れちゃったろうなぁと思うのです。

家で運動してガンガン鍛えている旦那様だからこそ、相手をできたろうなと。

当時は、主夫さんはほとんどいなかったし、どう見ても肉食系のパパさんは、精神的にも相当おつらかったのかなぁと思う事もしばしば。

ですが、私はとてもバランスがとれていて理にかなっているなぁと思っていました。

で、こういう場合は役割分担の問題だけで、全然ヒモでもなんでもないですよね。

のぞみちゃんが致命的に料理ができないので料理上手なアレクがご飯作っているようなものです。

そういうのはOKですよね。

他にも、奥様がお料理を作ったら家族で寝込むことになったので旦那様が料理担当、なんてお宅もあります。

お金にどういった感情がのっているか。

そんなわけで、2人楽しく暮らしていて、たまたま役割分担がちょっと違うなら良いでしょう。

問題なのはね。「貢がされた」とお金を出している女性が思う事。

お金ださないと、欲しいもの買ってあげないと、自分が一人ぼっちになってしまうとか。

そんな感じで愛情をお金で買おうとすると、おかしなことになります。

あとは「もっと稼いでよ」とかいうのもNG。

さげまんの典型です。

実際のところ、欲しいのは愛情。

70歳くらいのお金持ちになると、多少金目当てでも自分好みの女性と再婚したいという方もいます。

までも、こういう方はある程度世の中をご存知です。

女性はお金があるときれいになるし、仕事よろしくきちんと接してくれれば良い訳。

しかし、どうやって愛情を手に入れればよいかわからないから、お金を出しちゃう。

こういう人は要注意です。

お金で彼をつなぎとめるようなことをしやすいです。

で、実際にやっているのはお金を払って、自分の孤独感を埋めている、という行為です。

自分の不安を紛らわせるために、お金を払っていてもらっているだけです。

そこに愛情はないです。

ヒモ男も自分で引き寄せています。

つまりね。

あなたがヒモ男に捕まったのではなくて、あなたが相手に貢がさせてもらっているんです。

もし、冗談じゃないと思うなら、即刻やめればよいのです。

お金を引き換えにしても、孤独を埋めたいから、自分がお金を出していること、しっかりと認識してくださいね。

そのうえでやるなら、納得してできるでしょ^^

本当に嫌になったら、目の前からその人がいなくなったって、平気ですよ。

むしろスッキリします。

まとめ

全ては自分自身が引き起こしている事です。

くれぐれも人のせいにしないようにね。

そして、これを読んでいる、貢いでもらっている殿方は「俺に罪はない」とおもわないようにね。

己のプライドを保って、断ることだってできる訳です。

つまりはお互い様という事なのです^^

で、そういう人はそういう世界での学びがあるという事も忘れずに。

もう絶対に嫌って思う事も、学びのひとつですよ^^

世の中には、何が正しくて何が間違っているかなんてないのです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 結婚したいあなたへ

  • 許せないのは、こんな理由から

  • 仕事も結婚も、うまく行くまでやればいいじゃないか

  • 不倫相手と結婚できますか?

  • ちゃんとした恋愛をしたい時に心がけること。ネット恋愛編

  • チャクラの機能ってなんぞや?という話