1. TOP
  2. いろいろ
  3. 物に宿る波動【凄い本の話】

物に宿る波動【凄い本の話】

 2022/09/24 いろいろ   282 Views

風水師の但馬壇です。少し前にある方の古書を購入。なかなか読めなかったのですが今日こそ読もうと本を開いたら、とても、温かな波動とともに、涙が止まらなくなりました。

古書は高騰するといけないのでモザイク仕様

以前にもあった事ですが、何かを見た時に、えも言われない感情と共に、涙が止まらなくなる時があります。

その時は、秋田の大潟村で自然栽培されている生産農家さんの画像でした。

他の生産者さんは無反応なのに、その画像だけ涙がナイアガラの滝よろしく溢れてきます。

画像では顔も見えないのに止まらないんです。

それで気になって調べたら、次のようなものが出てきました。

大潟村の歴史はこちら

https://www.google.com/amp/s/news.careerconnection.jp/news/social/3702/%3Famp%3D1

この本も開くまでは全く問題なかったのです。

同じ著者の他の新書は全く反応ないのに…この本だけ開いた途端にナイアガラのように込み上げてくる涙

壮絶な人生をお送られ、成功を手にした方の本である事間違いなしです。

趣味で古美術なども、集めていたことがあるのですが、関わって思ったことは、物には波動が宿り、持ち主の人生を変えて行く物だということ。

成功していく人の持ち物には、その人の思念がタップリと詰まっていると言うこと。

そういえば過去にある難病治療系の古書を買ったのですが、それは霊気が、ものすごくてしばらく部屋に飾って置いたことがあります。

凄いものを手にしました。大事にしようと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 彼と幸せな結婚ができる人と、そうでない人の、圧倒的な違い

  • メルマガを始める際の、5つのポイント

  • お悩み相談:趣味で知り合った方とのトラブル

  • 家の中に霊道があるのは良くないというのは、本当なのか?という話。

  • まずは、売れるプロフィール作りから

  • ビジネスコンサルについて