1. TOP
  2. 未分類
  3. 野食読本

野食読本

 2020/01/03 未分類   576 Views

風水師の但馬檀です。

うちの田舎は、なんたって超ど田舎なもので、母はその辺に生えてる草や、兄弟が獲ったスズメ・ハチ子なんかがオヤツだったそうです。

子供の頃は、そんな話ばかり聞いてましたので、私も森へ行くとつい「これは食べれるんだろうか?」と、考えてしまいますし、港町育ち?の、娘が初めて水族館に行った時も「わぁ!美味しそう!!!」でした。2歳でそれ言うか、笑笑。

ところで、正月早々こんな本を買って見ております。

野草というのは、栽培されている野菜より、はるかに生命力が、強いです。

そうですよね、人の手を借りずに生き抜いて自尊を残すのです。

たくましさは半端ないわけで、私のような虚弱の極みみたいな生まれ方をしていると、自然とほしくなるようです。

小さい頃は、家のごはんは殆ど食べませんでした。というか、食べると吐いちゃったり気持ち悪くなっちゃったんです。

それなのに、外でとって食べた木のみなんかは平気でしたね。

椎の実なんかも、良く拾っては家に持って帰って煎ってもらってました。

目の前が大通りで都内だから排ガスとかもあるし、ろくに洗わないで食べてましたから、すぐお腹壊しそうなもんなんですけど、平気でしたねー

という事で、お節よりこんなの見てワクワクしている、お正月なのでした。

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 合宿型の願望達成セミナー

  • 風水のサイトで、こんな図を見たことがありませんか?

  • 使わなかったらアホでしかない、アンチエイジング食品。

  • 願いをかなえる道筋は、こんな感じです。

  • 男性向けのコンテンツで、売れなくなった時の定番回復策があります。

  • スピリチュアル的、なぜか同じコンテンツになる時。