1. TOP
  2. 未分類
  3. 男性目線の「プロらしく」が陥る、落とし穴。

男性目線の「プロらしく」が陥る、落とし穴。

 2017/02/22 未分類 選ばれる占い師になる無料メール講座   701 Views

● 男性目線の「プロらしく」が陥る、落とし穴。

こんにちは、但馬檀です。

先日、ある方とコラボをしようかという話をしたときに、先方の専門のことを私に聞かれ、それではプロといえないよね、というような話をしました。

職種は違いますが、服を試着しないで買って、あとで試着をしますか?というような感じの内容でした。

イメージコンサルタントの方がこの文章をよんだら、たぶん卒倒すると思います。

知人のイメコンの例ですが、お買い物同行ツアーについては、事前に各人の体系をチェックし、その人に会う服があるか、事前にいくつものお店に立ち寄りチェック。

サイズがないものなどは、当日に用意してもらうようにお店側にお願いしたりして、お客様を連れて行くわけですね。

そして、その場で必ず自分の目で確認をして購入するわけです。

で、自分がプロとして活動するものであれば、やったことがいいことはちゃんと伝える。

 
話の中で、そこまでやらないとちゃんと決まらないよね、という事がわかっているのであれば、、初めから「〇〇をしたほうが良いと思う」という提案をします。

費用がかかるなら、その分もちゃんとお伝えする。

そして自分で用意する。

初めのころは特に、費用の有無に関わらず、ここまでやってプロ。

ここまでやれば「素人さんとは違うのよ、だから仕事になるのよ」という事が、言わなくてもちゃんとわかりますよね。

 
お客様は、予想をうわまるものが提供されることで、すごいと思われますし、また来たいと思っていただけますよ^^

ところで、タイトルの件です。

女性を相手にした仕事の場合に、男性目線の「プロらしい」というのが、かえってアダになる場合があります。

私はある、5万人ほどの会員のいる、ある会報へのコラムを書いています。

一度、その会が他社へ買い上げられまして。

当時主催していたのは、大手代理店の方だったのですが、移譲の際、企業の役員の方へ、ご挨拶に伺いました。

その時に「プロと仕事がしたい」、というようなことを言われました。

で、それから9年くらいたっているんですが、いまだにコラムを書き続けています。

 

 

関連記事

  • 家事代行サービスについて

  • 1日に何時間の時間を割いて、集客の作業をしていますか?

  • 占い師さん結婚できない生まれと言われたら、どうする?

  • 私の方が凄いのに、なんであんな女に取られるの ♯被害者意識辞典♯

  • 年収約二億円のサラリーマンがいます!!!

  • 愛情が受け取れないと、こんなことが起こってきます。