1. TOP
  2. い)ちゃんとした恋愛をするための方法
  3. 子供の頃、母親から毎日臭いと言われ続けた子供がどうなったのか?

子供の頃、母親から毎日臭いと言われ続けた子供がどうなったのか?

子供の頃に臭いと毎日言い続けられた子供がどうなるか?

風水師の但馬檀です。今日は子供の頃母親から毎日臭いと言われ続けた子供の話です。

この方は、常に体臭を気にされている方で、人前に出るとワキガと言われる臭い汗が出てしまう方なんですね。

それですごくケアをしているんですけれども、周りの方からは常に体臭についてのことを指摘されたり、影で臭いと言われたりしているような事もあるとか。

ええっと、実はこれ私自身の話です、苦笑

今は解消されてるので書けるようになりましたが、最近ある場所のケアをしていて、あれっと思ったことがあるんで書いておきます。

新しい匂いケアについて

去年YouTubeを勉強のためにたくさん聞いていたんですね。それで、お金についての動画を発信されている方がいまして、ライオンのイラストがあるお金の勉強動画ですね。

それで、その方の1日のルーティーンみたいなのがあったんで聞いていたのですが。

この方は、もうとにかく口内ケアを恐ろしい位するんです。朝昼晩、歯磨き舌磨きに歯間ブラシにと、しつこい位されてます。

私は結構ざっくりしたタイプですし、口内の常在菌のバランスが取れていれば、虫歯はできる事はありませんし。そんなにならなくても良いじゃないかと思ってました。

もう10年以上新しい虫歯ができていません、ですのでそこまで気にしなくていいなと思っていたのですが、なんかこの人の動画を見ていて、一度やってみようと思えたんですね。

匂いは、そこそこ敏感な方だと思います

ちなみに匂いについては、そこまで鈍感な方ではないと思っています。

実際問題として、体内の浄化をもう少し徹底すると、今までは感じなかった、他の方の微妙な体臭、要は動物性の脂臭さなんですが、そういうのまでわかるようになります。

口内環境について対策をしてみる事に

そんな私ですが、鏡で見ると舌苔はちょっと気になるなぁと思っていました。そこで調べてみたところ、舌苔というのは、雑菌が増えたものなのでブラシでとっても意味がないそう。

雑菌がこんなに舌についてるのは嫌だなぁ。それで1番評判が良いマウスウォッシュを使うことにしました。

また前々から歯医者さんに指導されていてずっとやっていなかった、歯間ブラシもやるようにしました。

これをやると、翌朝の口の粘つきなどがなくなるそうです。あと口の中に変な嫌な味みたいなもしますよね。3日ぐらい続けるとなくなってくると言うことなので毎日やることにしました。

言われた通り、3日目位から、朝起きたときの口の中がすっきりした感じがしてきました。うん良い感じです。

急に下水の匂いが気になるように

ところで、口のネバつきが無くなってきたと同時くらいに、何故か使っていない洗濯機置き場の防水パンからの下水道の匂いが気になるようになりました。しかも午後になるとすごく臭うんです。

これやった当時は、レイライン上のマンションに住んでました。実はこのマンションは、ご老人の方を中心で入居させるケア型マンションなんだそう。

ですので、私以外の若い人は病院関係者しか住んでいないそうです。コロナについてもちょっと厳しすぎよねってくらいの注意書きで、妙に納得。

たまたま、コロナの関係で、入居する人が減ってしまっていて、私のような全く関係ない職種の人間が入居できたようです。風水的な立地もなかなか良いので、普段からほとんど募集がないそう。実際問題として、募集はほとんどかかっていませんし、住人の方も朗らかで良い方ばかりでした。

ほんと老後はあそこに戻りたいと思えるくらい良い場所でした。

ただ、匂いが結構きつくなってきまして、私的には、普通ここまでないよねっていう感じの匂いになってしまいました。

たまに古いマンションの空気が籠った廊下などで、とんでもなくなる事がありますが、このマンション比較的新しいのにどうにもおかしい。

臭いが気になる時間帯もほぼ決まっているし、介護ケアが何かの関係かなぁ?

なんて思いつつ。

そうこうしているうちに、吉方位旅行の日程などもクリアしたので戻ってきた訳でございます。

言われても対策がわからなかった匂い

振り返ってみると、それ以前にも口臭が結構あったんじゃないかなぁと思うんです。ただ、自覚は一切ありませんでしたし、言われても対策とか全くわからなかったんです、今まで。

そもそも子供の頃からですから、自分では全く関知してなかったんです。パートナーさん達も、毎日お出かけとお迎えのキスをしてたんですが、特に指摘などもなく、臭い気にならなかったのかなあと、今になって思います。

だってね。その時の顔を見ていれば、嫌かそうじゃないかすぐわかるじゃないですか。嫌だったら顔背けるでしょう?一人目の旦那さんは本人が不精な研究者でしたからさておき。

次の旦那さんは、身だしなみは比較的ちゃんとしていたと思うんです。うちの身内が彼を見て「おまえ再婚で化粧もろくにしないのに、どうしてこんなちゃんとした人と結婚できるの!」と、いわれた記憶が(私にはあわなかったけど)・・・そんな彼がどう見ても嫌な顔をしていなかったんですよね。

ほかにも清潔感を気にしているような方でも言われた事はなかったので、どこまで気になっていたのか正直不明なんです。

ただ、起業してしばらくして、要するに忙しくなってから言われるようになったかもしれない、なんて思っています。

子供の頃母親から言われていた事

それで、今はある程度大丈夫だと思うのですが。これをし始めて思い出したのが、子供の頃の話。

潜在意識などの知識がある、友人にも指摘されたことですが、母親がね、毎日私が近くに行くと、臭い臭いと私をものすごく嫌がるんですね。

それで、お前は胃腸が弱いからそんなに口が臭いんだよと。ちょっと怒鳴り気味に、毎日言われ続けてきました。

ちなみにどなり気味と言っていますが、これ本人は全く意識してないと思います。

例えば香川の方言はすごく語調が荒いので、普通に話していても怒鳴られているようだと言う方が多いです。

おそらくそんな感じだとは思いますが、私は毎日怒られているような気分でした。

ただその話し方を聞いて生活していましたので、学校で私が夢中になって話をしていると、学校の先生(!)からは、そんな怒ったような話し方をする人の話は聞きたくないと、言われたりもしました。

話し方などは、生活習慣や生活環境による違いで、相手を理解することにより解決する問題ではあるのですが、教師というのは人と接する仕事でコミュニケーションスキルが必要な事を知らないでやってる人も多いです。

そんな訳で相手への理解がある方が少ない道も事実です。そして、そのためにソーシャルなコミニケーションスキルのレッスンが必要になる人もいます。

まあそんなわけでね、まだ潜在意識と顕在意識の境目が曖昧な、小学校低学年の頃に、臭い臭いと怒鳴り続けられていた私がどうなったか?

潜在意識とかの仕組みをご存知の方は容易に想像がつくと思うんです。

母はひとり親で日々の生活だけで手一杯。忙しかったので、その口が臭いことについて一緒になって後から変えていこうと言う、そんな余裕はなかった訳。というか、おそらく毎日行っていた事すら覚えてないと思います。

そして私も毎日そんなことを言われているうち、言われ慣れてしまっていました。また友達はそんなこと言わなかったというか、まったく気にしてる様子がなかった事もあり、見事に潜在意識に刷り込まれてしまったのだろうね、と言うところです。

もちろん今は解消されてきたのでかける事です。

それで、どうなったかと言うとですね。思い返すと、常に匂いについての悩みというのがつきまとっていたかもしれません。

例えばですね、中学生位の頃から、脇汗の臭いが気になっていて、ずっと悩んでいました。

一般的なケア商品は、ほとんどのものが酷くなるけど解決はしませんでした。

幸い自分に合ったケア品を見つけ、それを使っている間は特に問題は無いんですが、結構大事な場面でつけ忘れると言うことがありました。

また、今回の口臭についてもそうですよね。それ以前にも口臭チェッカーと言うのも使ったんですけれど、数値には全然出ませんでした。

それでも、上に書いただけの変化がありました。

例のライオンさんも話してますが、ほんと1日でもサボると死にそうな匂いの部分がでてきます、ほんとに。これは私だけではないと思います。

対策について

では、こんな状態にならないためにどうすればいいかについて話をしてみたいと思います。

例えば、今回の場合臭いと言うことなんですが。ほんとに胃腸が弱いのであれば、食べ物を工夫したり胃腸が強くなるような生活習慣に変えていけばいいわけですよね。子供の頃なら親が工夫するしかないです。

胃腸というのはストレスにもつながりますので、親が怒鳴るような言い方を修正するだけで、だいぶ改善されたんのでへないかなと思います。ただ改善は難しいですけどね。

念のためですが、私の自分の親の行動を非難している訳ではありません。

但馬が客観的に見て、親御さんからのご相談で、私がアドバイスするとしたらそこだよね、と言う話です。

ただし、普通の会社で勤めると必ず怒鳴る人と言うのはいます。

上でも書いた通り本人は全く怒鳴っているつもりはなくても、周りから見ると大声で怒鳴り散らしている人というのはいるものです。

両親が優秀すぎて学校の先生のやり方に馴染めなかったり、先生が子供の態度にキレて意地悪を始めるケース、そしてそれが原因で不登校になっているお子さんは実際にいらっしゃいます。

ですから、多少語調が荒くても慣れるという意味では良いのではないかと思うのです。外でやったら致命傷だけど、家庭内なら修復できる喧嘩もあります。

ポイントは解決法を探すという事

話を戻しますと、問題点があったらそれを解決する方法を探すと言うことを、心がければいいのです。

自分が親の場合

例えばね、ご自身が親御さんの場合は、お子さんの問題点が見つかったら、どうしようかと一緒に考えてみたりすれば良いですよね。

親が決めるのではなく、自分で考えさせて、問題に思ったら自分で改善する道を見出す、と言う事を習慣づけると良いように思います。

自分が子供の場合

私のように、親から言われ続けて大人になってしまった人は、親に相談したって理解してもらえません。

そもそも、忙しくて私との会話ってほとんどなかった母。それなのに、進学したくないというと不満げなのに、学費は未成年の子供が自分で何とかすると思っている母。

ある意味理不尽ともいえるような、超天然気質な母のおかげで、私は早くから頼るという事を諦め、自分で自立して稼ぐという道を選んだ訳です。

今でも私の行っている仕事の大本は母親の書棚にあった本で構成されていますし、瞑想やスピリチュアルな話についても、一番初めは母親が開催する難病さんたちが通う教室で教わりました。だから、そういう意味で英才教育をさせてもらった事には感謝しかないですし、そんないつまでも子供のような母は大好きです。

話がずれたので戻しますが、自分でどうすれば良いかと言う解決策を見つける、そういう習慣をつければOKです。

私のように親御さんが破天荒だったり超天然さんの方は、間違っても親に聞いてはいけません。

何故かと言えば、親御さんの知識不足もしくはド天然で、こんな状態が起こってるんです。

あまり言いたくないですけれども、この文を読んでる時点で、親よりご自身の方が知識が上回っている事間違いなしです。

そして新しい情報などを取り入れると言う事を、ご自身がしてるんですね。

老いては子に従えと言いますが、そういう年齢なんだと思って、ご自身で解決策を模索されると良いかと思います。

私は高校の時に、初めて親が小さく見えました。守っていかなければならないと思ったかどうかはさておき、もう頼れないと思いここまで生きてきています。

それでも家を出るまでは、親が口癖のようにいう父親の悪口もあり、恋愛すらする事ができませんでした。

なにしろ、男性と電話でも話をしていると機嫌が悪くなるんです。

いわゆる感情で相手をコントロールする親に見られる傾向です。その他にも、いろいろと異性関係について干渉が入ったのは、別記事でも書いた通り。

ちなみに、こんな私ですら家を出たら、まったく予定外ですぐ恋人ができました。

予定していた人じゃなかったんですが、良い人でしたので良かったんでしょうね。

まとめ

親だから完璧ではありませんが、幼少期の記憶は結構しっかり刷り込まれます。

ただ、それを親や兄弟などのせいにしても解決しないので、自分で対策を練る事。前に進むことが大切。

恋愛についても、意外と一人暮らしするだけで解決しちゃったりします。

\ SNSでシェアしよう! /

但馬壇:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬壇:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 妻も夫も家事ができるとよい理由

  • 彼に1000万貢いでしまいました、というお話。

  • それ、ほんとは言っちゃいけないよねって事を書きました^^

  • 露骨な嫌がらせ対策について。

  • 彼に反論してもオーケーの時

  • 生霊が憑いているかチェック