1. TOP
  2. 不倫・復縁・年の差婚
  3. 【不倫と後悔】浮気して後悔するのはどんな時か知りたい

【不倫と後悔】浮気して後悔するのはどんな時か知りたい

不倫・復縁・年の差婚   106 Views

【不倫と後悔】浮気して後悔するのはどんな時か知りたい

浮氣がバレて後悔

浮気は身近な人を深く傷つける行為です。しかし、殆どの場合女性は夫の浮氣が原因で関係性に絶望し不倫をしています。

人間は誰しも、人生の中で魅力ある異性と出会い、恋に落ちます。好きな人ができると、楽しい気持ち、ワクワクした気持ち、生きる活力がわいてきて元気が出るという大きなメリットがあります。

しかし、恋愛ホルモンはおおよそ4年経つと、すでに誰かと関係を結んでいる人、誰かの配偶者だった場合でも気持が変わります。その人と恋に落ちることは、一般的に浮気や不倫と呼ばれ、法的に行為です。

浮気や不倫が問題視され、浮気した人が後悔するのは、浮気という行為自体が自身の家族、親族、相手側の家族、親族を傷つける行為であり、取り返しのつかない過ちであると現代社会からの刷り込みがあるからです。本当に問題であれば、一夫多妻制の国はそれ自体問題視されますが、まかり通っている国がある事も忘れてはいけません。

しかし浮気がばれて後悔する人は、一時の快楽や遊びで行ってしまう人も多く、これは恋愛ホルモン「フェニルエチアミン」が出ているために、脳の判断力が20分程度先までしか判断できなくなってしまうからだと言われます。

それでも、裏切られた側は一生癒えない心の傷を抱え生きていく事も多いです。

これは、その人の成長度によって変わりますので、双方が歩み寄る必要があります。

 

中には、会社、家族の輪にいづらくなる人もいます。実際に家族、会社に浮気がばれた方は会社では冷風を受け左遷され、家族間では離婚までは至りませんでしたが、口をきいてもらえず、浮気がばれた日から掃除洗濯家事炊事すべてやってくれなくなった方などもいます。「こんな思いをするなら浮気なんてするんじゃなかった。」後悔先に立たずとはまさにこのことですね。

 

【不倫 後悔】離婚

浮氣が原因で離婚した後に後悔したこと

浮気が原因で離婚した方の多くが最も後悔していることは、愛している子どもに会いづらくなる、会えなくなることです。

離婚するとき、多くの場合母親に親権が渡ります。夫の浮気が原因となると、母親への親権率はより高くなります。言い換えると、妻が浮気した場合、父親へ親権が渡る可能性が高くなるということです。

まり、自分の浮気で離婚となった場合、自由に子どもと会えなくなります。加えて離婚の話し合いを進めていく過程で、子どもに関しての取り決めをしない又は後回しにした場合、子供と会うこと自体ができなくなる可能性があります。

また配偶者から二度と子供に会わないでくれと言われる可能性もあります。

子どもがいて当たり前だと思っていた生活から子供が消えてはじめて、自身が犯した事の重大さ、浮気の罪深さを実感するでしょう。親権を奪われる、子供に会えないというものはとてもつらく、悲しいものです。

2つ目に慰謝料請求をされるです。

結婚をしているのであれば、浮気をした配偶者、浮気相手それぞれに対して慰謝料の請求ができます。

慰謝料の平均金額は、100万円ほどだそうです。100万円という大金をすぐに払える人はなかなかいませんよね。

そのため慰謝料請求をすることで、配偶者及び浮気相手を金銭的に困らせ苦しめることができます。請求された側にしてみれば「そんな大金払えるわけない!もう人生の終わり」といった感じでしょうか。この慰謝料請求によって浮気関係が破綻したカップルも何組もいるようです。

3つ目に周囲から孤立するという事です。

男性の場合、浮気がばれると、家庭内で収まる場合もありますが、多くは会社、勤め先に浮気したことがばれて、周囲から冷たい視線で見られ、味方や協力者がいなくなります。

最悪の場合左遷になります。家庭内会社内に自分の味方がいないと惨めな気持ちになりますし、困った時や問題が起きた時に誰も助けてくれなくなります。浮気をするということは、そういう見方でいてくれた人たちへの裏切り行為でもあります。

 

【不倫 後悔】男

不倫バレで離婚した男と後悔しない男の違い

やはり多くの男性が浮気しそれがばれたことで離婚に至っているケースがとても多いです。

自分を信じて愛してくれていた人たちを裏切ってしまったという罪悪感に襲われますし、裁判や慰謝料を請求された場合、心身ともに強烈なダメージを受けます。子供に会わせてもらえなくなる可能性もあります。また職場では周囲の自身への態度、見方が変わり、いづらくなることは確実です。最悪の場合左遷もあります。そのような中で多くの男性が浮気したことを後悔しています。

これは先にも書いた通りで、恋愛ホルモンのままに女性に手をだし先の事を考えられないまま離婚に至るからです。

ただ一方で後悔していない人がいることも事実です。家庭内での妻からのモラハラ、暴力で精神的に追い込まれている男性です。

このような家庭環境や婚姻関係が破綻しかけている男性は浮気し、離婚したとしても後悔していないことがあるようです。浮気相手との関係性の方がお互いをリスペクトしあえていいと答えている人も多いです。

浮気したことで慰謝料を請求されたとしても、妻から受けたモラハラ、暴力の証拠をあげ、精神的苦痛を立証できる場合、親権や慰謝料を逆に請求できる場合があります。

お付き合いをする前から相手との信頼関係を吉と築いている場合は、恋愛関係になって1年以内の恋愛ホルモンが出ている間に女性から既婚ダネ氏へ離婚を迫ると、暴力を振るわれていた妻から離れる事ができるケースが多いです。

裁判は長期化しますがそこまでして浮気相手と一緒に痛い、子供は渡さないなどの強い覚悟があるなら戦うのも良いと思います。しかし、離婚を良しとしない国柄上、離婚してすぐ浮気相手と結婚するのは、周囲からの風当たりがより厳しくなる要因になるので最低でも2年ほどの期間をあけて結婚に踏み切るのがベストでしょう。

お互いの気持ちを確認できる良い期間だと思います。ただし現在は法的な柵が面倒だと、籍をはじめから入れないケースも増えてきていますので。あまり法的な権利を主張するのも考えものでしょう。

籍だけ入って何十年も別居しているご夫婦も実際にいますが、連絡もとりあわない状態で、何のために夫婦になったのか全くわからないからです。

 

【不倫 後悔】ラリ期

 

不倫で恋愛ホルモン爆発で、家庭内で暴力を振るったり別れたくなるのはどのくらいの期間

多くの場合、不倫したことで家庭内での人格が変わってしまうことはよくあることです。人格が変わっていく中で一番多くあげられるのは、家庭内暴力です。

この暴力には蹴る、殴るなどの肉体的暴力、言葉での暴力である精神的暴力、生活費を渡さないなどの経済的暴力が含まれます。妻から浮気や不倫の証拠を突き付けられ、言い逃れが出来ないためそのような愚かな暴力に走る男性が非常に多いです。

またこの時期の不倫関係は恋愛の第一段階でもある「行為は盲目」つまり愛が勝りすぎて周囲が良く見えていない、判断出来ていない時期でもあり、不倫している事実を隠せば隠すほど燃え上がる状態になっています。

早い方だと不倫してから約1年で離婚や別居に至っていることが多いです。しかし、燃え上がった炎の鎮火は非常にあっけなく、気づいた時にはすべてを失っています。

そしてこのような状況で離婚した場合、その不倫相手との結婚生活もうまくいかないことがほとんどです。結婚して2年ほどは新婚生活のような甘い状況が続きますが、その生活にも慣れお互いに魅力が下がると、どちらかがまた不倫に走る可能性は非常に高いです。

不倫癖のある人はどんなに期間をあけてもなおることはほとんどありません。浮気や不倫を永遠に繰り返します。奪う人は必ず奪われますし、裏切る人は必ず裏切られます。

 

【不倫 後悔】ダブル 不倫 後悔

W不倫で後悔したこと

W不倫は自身の家族だけでなく相手側の家族も一瞬にして滅ぼす行為です。お互いに家族がいる中での背徳的行為に燃え上がる男女が多いようですが、気づかれてしまった場合、その後に来るであろう非難の嵐がとても恐ろしいですね。

W不倫でよく耳にするのが相手を信じすぎて逆に裏切られたということです。

ここでは女性を例に挙げて説明していきます。女性は異性をいったん好きになるとその人のことしか考えられないくらい夢中になってしまい、周りが見えなくなることがあります。

そして男性からの甘い囁きや言動行動に敏感ですぐ本気になります。しかし男性には、本当は家族がいて奥さんのことが大好きかもしれません。奥さんと離婚すると言いながらこの遊びの関係をだらだらと続けていきたいだけかもしれません。だから相手を信じすぎると、逆に女性がひどい目をみるケースが多いです。

ばれると慰謝料を女性だけに負担させようとする男性も中にはいます。ほとんどの場合、家族のもとへ戻りますので、不倫相手と一緒になることは非常に低いです。本気になりすぎて、全てを委ねたり任せたり、甘い言葉に惑わされたりするのは大変危険です。

2つ目がSNSに不倫している写真を投稿してバレるケースです。誰がどこで何を見ているかもわからない時代に入ってきました。一枚の投稿で住所がばれたりする時代です。

不倫中は周りが見えず恋は盲目状態になり危機意識ががくんと下がります。またなかなか会えない二人の写真を思い出だと思ってSNSに投稿したり、ばれないように投稿するスリルを味わいたいなどのことが理由で写真を投稿している人がいますが、大変危険です。見つかった場合、言い逃れの出来ない確実な証拠になりますし、写真を保存されてしまったら、こちらがどんなに消したとしてもこの世からその浮気写真を抹消することは不可能です。

ばれないと思っているSNSは意外とばれるものです。

3つ目は友人に話すケースです。信頼している友人なら話してもばれないだろうと思って話したら、うわさが広まり、浮気がばれてしまったなんてケースがあります。どんなに真剣な恋愛だったとしても、浮気は世間一般では背徳的行為であり、認められていません。信頼しているからと言って何でもかんでも話すのは浮気がばれる要因になり得るので注意が必要です。

 

【不倫 後悔】シタ妻離婚後悔

不倫シタ妻が後悔すること。復縁は可能か?

不倫の末、離婚した女性が後悔することの一つとして金銭面が挙げられます。不倫の末離婚し、好きな相手と一緒にいられて気持ち的にすっきりしていても、夫の収入がなくなるため、どうしても現状の生活レベルを落として生活せざるを得なくなります。

特に、専業主婦だった女性は職探しをしなくてはならず、今まで以上に毎日が多忙になり生活リズムが崩れて体調不良になる可能性があります。また、不倫相手と一緒になるため離婚しても相手にその気がなく結局別れを切り出され、衣食住すべてを失った女性もいます。その方は元の家族から絶縁を言い渡されてしまったため、家族のもとに戻れず現在生活保護を受けて生活しています。

後悔することの二つ目に子供に一生会えなくなることが挙げられます。

一回の浮気なら許してくれるだろうと甘い考えで浮気して離婚した場合、旦那さんはそんな奥さんと子供を普通に会わせたいと思いますか?そんな不純な理由で離婚した相手に子供を会わせたいと思う親はいないと思います。

多くのケースで、子供との面会拒否になっている場合が多いです。子供にとって母親は大きな存在で大好きで大切な存在です。母親のことを生まれた時から嫌いになる子供はいないですし、父親よりも母親が大好きだと思う人が多いはずです。

しかし、大好きな母親が不倫して離婚し家を出て行ってしまいました。子供は確実に母親を一生恨みますし、自分を捨てて出ていった最低な人間だとも思います。

そんなことをした人が戻ってきて、不倫相手と別れてきて住む場所がないからまた復縁したいと言い出した時、あなたなら許せますか?多くの方は復縁を許さないと思います。一度失ってしまった信用、信頼はそう簡単に取り戻せるものではありません。

しかし、実際の親権は母親が持つことが多く、それは浮氣の原因が父親の妻や子供への無関心が原因となっている場合が多いからです。

実際に離婚後に養育費を面会できないからと断ってしまう方がいますが、自分の想い通りにならないから生活費を渡さないという事ですので、つまり想い通りにならないから死んでも良いという気持の表れになってしまう事を忘れないでください。

そうですよね、お金がなければ食べ物が買えないのです。親としての責任があるなら、何があっても子どもの養育費は支払うのが当然です。

女性と男性の思考は違って、女性の場合は、相手に失望したり一緒に生活をしていけないと判断するまでは浮氣をする事は殆どありません。

そういう生活面で不安を覚ええるような態度や、責任感のなさが離婚やパートナーの不倫問題に繋がっている事をしっかりと認識する必要があります。子供の事を考え、一生かけて償い信用信頼を取り戻すべく努力していくしかないです。

御夫婦間で話し合いができている場合もありますが、通常は一生添い遂げるつもりでしょう。

すべてを捨てる覚悟がない方は不倫などには走らない方がいいです。そのあとに残される代償があまりにも大きすぎるからです。

 

【不倫 後悔】浮気相手 本気 離婚

不倫して本気になったら幸せになれるのか?

結論から言うと、幸せになれる可能性は50%位です。今日では離婚するカップルは6割を超えており、不倫が原因の人たちも多いからです。それだけ日本の法律が現状にそぐわなくなっていると考えても良いでしょう。

家系のエネルギーの事を考えますと、決して関心出来るものではなく、複雑に入り乱れた家系のエネルギーを整えるのは一生かけて、特別なご供養などが必要となりますが、双方の恋愛感情で動くという事であれば、特に問題はないです。

ただし非日常的な感覚、不倫相手の家族にばれるかもしれないというスリル感が味わえる、不倫相手の根拠のない甘い言動行動に影響を受けるため、ずっと不倫を続けたくなる方が多いです。

ばれた時の慰謝料請求はかなりのものですし、軽い気持ちの人ほどダメージは大きく、真剣に恋愛した人の方が、間違いなく幸せになれています。また不倫は女性がのめり込んでしまう傾向があるようで、女性側が結局傷つけられてしまうことが多いのも事実です。

例えば長い時間不倫関係を続けている相手が、なかなか配偶者とは別れず、口先だけの離婚をずっと言い続けているとします。

この場合、不倫相手を待つことで年齢が高くなりますので、次の恋愛の際にお相手が既婚者になる可能性がまた出てきてしまうからです。

そうなった場合その人に費やしてきた時間費用が非常にもったいないですね。不倫がバレて慰謝料請求されてしまう可能性がありますがこれは不倫側からしたら好都合です。慰謝料請求するような関係性というのは破局に繋がりやすいからです。

いずれにしても、お相手の事を真剣に好きなら関係性などは関係なくなってしまうものです。

ただし結婚をしたいのなら、初めから独身を選ぶに越したことはありません。自分が本気でも相手が本気だとは限りません。他人の心は絶対に分かりません。心は本人にしか分かりません。

 

【不倫 後悔】浮気相手 結婚 後悔

不倫相手と再婚して幸せになれるか?後悔しない?

不倫相手と再婚をして、幸せな生活を送っている人は、実は結構多いです。

ジョニーデップについては、何回も再婚しています。ただし約8割の夫婦は、数年後にまたどちらかが不倫をし、今度は逆に自分が略奪される立場になってしまう可能性もあります。

不倫相手と結婚すると最初の1-2年は恋は盲目状態で燃え上がる恋の炎で仲良く楽しく過ごせます。しかし、その生活に慣れてくるとお互いに興味関心を示さなくなり、相手に対してつまらないと感じるようになり、不倫にまた走ることが多いようです。

これは恋愛ホルモンに関する知識を知らなかったり、学生の際に交際をしておらず、本能のままに動いてしまうからです。

通常何回か繰り返す事で覚えますが、中には何回でも同じことをくりかえす人もいます。

こういう方は、つまらないというのは生活に慣れてしまったということ、そして相手に異性としての魅力を感じなくなったというと次に行ってしまいます。それで体型や容姿がそれに当てはまります。配偶者が不倫走り、離婚を切り出される、略奪して立場から今度は略奪される立場になるわけです。

繰り返せば自分の犯した罪は必ず自分のもとへ返ってくるとはまさにこのことです。略奪して手に入れた恋は長くは続かないことを忘れずにいましょう。

しかし、ごく少数派ですが、浮気し離婚して浮気相手と結婚して幸せになったというかたも実際にいます。一例をあげると、その方の元奥さんは浪費癖と借金癖があり、何度も話し合いの場を設けたが結局直ることはなかったそうです。

他にも霊感や占いなどを盲信して、お相手の方に自分に憑いている霊の事をメールで送ったり、何かあるごとに方位やら運気やらを話すそうです。

お互いに興味があるなら良いのですが、そうでない場合は離婚理由や不倫される原因になりますし宗教を疑われる事も多いので基本的には話をしない様にしましょう。

生活費を全て自身のために使い、家事炊事洗濯などのことは一切せず朝から晩まで遊びほうけていました。そんな生活に嫌気がさし始めていた矢先、共通の趣味のサークルで出会ったのがいまの奥さんです。

不倫であることを知りながら二人は愛をはぐくんでいきました。その翌年男性は離婚しましたが、現在の奥さんとすぐに籍は入れなかったそうです。すぐに入れてしまうと不倫していたことがばれる恐れがあるからです。3年間の期間を経て二人はめでたく結婚しました。当初の二人への風当たりは相当なものでしたが、現在は元奥さんと生活している頃よりもずっと精神的、肉体的に心落ち着いた生活が出来ているようです。

この例はあくまで一例です。相手側の婚姻関係が破綻していた場合、このような形で愛をはぐくむことが出来ますが、実際はほとんどの場合、別れることになります。不倫をするということはそれなりの覚悟と責任をもって行わなければなりません。

 

【不倫 後悔】まとめ

ここまで不倫について説明してきました。不倫というよりも、自分の行った行為を他責、つまり他人の制にする事で後悔するのです。

「因果応報」という言葉を忘れずに、何事も自己責任で、例えばパートナーと違う人と恋愛をしたとしても、あくまで自分の責任であること・今のパートナーと向き合えない事実もしっかりと受け止める事も大切です。

多くの方は不倫したことで自身の人生、家族の人生を破壊しています。これは他人の制にして自分の行為を正当化しようとしているからです。そういう人は周囲から信頼や信用がなくなり、残りの人生も思うようにいかなくなる場合が多く不満が多いです。

恋は盲目と言いますが、スリル感を味わいたいだけならやめておいた方がいいでしょう。恋愛ホルモンというのは本当にあなどれませんから、一時の感情に流され気づいた時にはすべてを失っているかもしれません。

そのあとに残される後悔、悲しみ、莫大な慰謝料は取り返しのつかないものです。

しかし、不倫相手の家庭が家庭として機能、成り立っておらず、破綻状態であるなら、お互いの気持ちを確かめ合うことのできる十分な交際期間を経て結婚することも可能です。実際に、夫婦関係が機能しておらず、元奥さんと正式に離婚してから、約数年交際関係を続け、結婚に至った夫婦もいます。離婚したことに加え、数年後に結婚という流れで周囲からの風当たりや疑念は少なからずあると思いますが、そこまでしてお互い添い遂げたいという覚悟があるなら、そのような形での不倫、結婚も許容範囲なのではないかと思います。

ただ、世間一般的には不倫は理解しがたい行動であり、認められることは今後ないと思います。そのような中での交際、結婚で生じた悩み、問題は親族、友人には相談できませんし、相談したとしても理解してもらえず一人で泥沼に陥る事もあるからです。

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 不倫相手に離婚して欲しいがしてもらえない

  • 彼に反論してもオーケーの時

  • ある事で子供の問題が一気に解決していった話

  • たとえ不倫・復縁からでも、結婚できるパワーを龍穴パワースポット手に入れる方法。

  • 不倫恋愛が、なぜいけないと思うのかを解説します。

  • 不倫についての考え方。