1. TOP
  2. か)いわゆる集客についてのお話
  3. 無料コンテンツから有料コンテンツへのコンバージョン率を高める方法

無料コンテンツから有料コンテンツへのコンバージョン率を高める方法

 2018/05/08 か)いわゆる集客についてのお話   1,159 Views

無料コンテンツから有料コンテンツへのコンバージョン率を高める方法

 

風水師の但馬檀です。

 

今日はマーケティング、起業したい人やフリーでお仕事している方向けのお話ですので、ご興味ない方はスルーしてくださいね。

 

私は、約1000人の方への無料遠隔ヒーリングを毎月行っています。

 

理由は、こちらのヒーリングでも十分に結果がでるので、お試し&毎月コツコツ開運していただければ嬉しいなと思うからです。

 

メルマガからのご案内ですので、メルマガも読んでほしいなというのもあります。

 

無料モニターって、やらなくてよいという、集客コンサルタントの方もいらっしゃいます。

 

ただ、うちの場合は一定数無料ヒーリングから有料のセッションやセミナーDVDをご購入いただく方がいます。

 

それだけ、結果に自信があるんですね。

 

ところで、きっかけになる事が、こんな理由の方もいます。

 

ある団体に、知りたいことがあってメールをしたところ、「有料コンテンツに含まれるのでお教えすることができません」と返答がありました。

 

で、思うんですが。

 

有料でよいから、どれに入っているのか教えてよ(笑)

 

返信メールにどこに必要な情報があるのか、かいておいてくれれば、買うんだけどなーと思ったのです。

 

ちなみに、こちらの団体にはすでに6桁の金額で講座などを購入しているんで、無料ユーザーじゃないのね私。

 

有料ユーザーに、有料コンテンツを見せると、購入する確率は更に高いです。

 

こういうのって、1人いれば30人っていいます。

 

なんとかホイホイにひっかかる虫さんのようですが、あの虫さんも、実は集団生活をしていて、自分の情報をシェアするんですね。

 

ですので、1つおしえると、何十倍にもシェアしてくれたりします。

 

そんな訳で。

 

その時に買えない方でもお知らせしておくことで、お金をためて買ったりしてくれるようになるんです。

 

その時に、メールの対応の良しあしって大切。

 

似たようなコンテンツなら、感じの良いところから欲しいと思いますから。

 

そういうひと手間を惜しむだけで売り逃していることってすごく多いです。

 

上の例でいれば、90万くらい売り逃しています。

 

高額セミナーを扱っていれば、毎日1000万くらい、売り逃している可能性が出てきます。

 

先に書いたように、私も、メルマガ・動画以外に無料ヒーリングを毎月1000人の方に提供しています。

 

1人でやってますので、結構なボリュームだと思います。

 

で、ヒーリングよりも、個別のメール対応などのほうが、有料コンテンツを買うかどうかの決め手になっている方の方が多いんです。

 

メール一本を、少しだけ相手に役立つ情報をのせてあげるだけで3万円~30万以上になるかもしれないんです。

 

売り上げの話に終始していますが、これを読んでいるあなたが扱っているサービスや商品は、お客様が喜ぶものであると思います。

 

つまり、少しの工夫で、今の30倍以上の人を幸せにしてあげることができる。

 

それだけの問題解決をしてあげることができる。

 

これは、素晴らしい事ではないでしょうか?

 

絶対やったほうがいいよね、やらない理由がわからないよねーと思ったので、今日はお話をしてみました。

 

今日も、パートナーとうまくいかない方から、お問い合わせのメールにお返事をしましたけどね。

 

パートナーに対しても、いつもより少しだけ相手の話を聞く。

 

相手だって大変なんだと、状況を察して返事する。

 

それだけで、ずいぶんと関係性も変わってくると思いますよ。

 

実は、集客のご相談もOKです。

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 「これくらい無料でいいじゃん」という行為について考えてみる

  • 恋愛にも通じる、成功する人に共通する、ある項目。

  • 集客できるブログと、集客できないブログの違い。

  • 相手をみて「すごいなぁ」と思ったら、それはあなたの中にもあることです。

  • 仕事のやり方が自営業に向いている人とそうでない人の違い。

  • 運が拓けるコースメニューを作る際の、ポイント