1. TOP
  2. いろいろ
  3. 患者さんの症状をもらってしまうという現象について考えてみる

患者さんの症状をもらってしまうという現象について考えてみる

 2019/09/09 いろいろ 運気をあげる健康法   1,172 Views

風水師の但馬檀です。 去年から、もう少し難病改善サポート等の技術を高めようと、いろいろなところに行っております。

おかげさまで、良い技術に巡り会うことが多いですが、そこで出会うのが、もらう、と言う症状です。

どういうことかと言えば、施術をする側が、相手と同じような症状になってしまったり、体調が悪化すると言うことでございます。

かく言う私も昔はそういうことがなかったのですが、勉強を始めてから、なぜかいろいろな疾患が出るようになってしまいました。

どうしてなのかなと思っていたのですが、最近それが、理由が、わかるようになりました。

で結論。

もらうような施術をしている人は、難病治療なんてやってはいけない。

そして、もらうから施術をしたくないなんていう考えだったら、技術者としては失格である・・・かなと。

相手の波動をコピーして自分の中に取り入れてしまうということが、なぜ起こるのか。

ここが、わからなければ、人の体に触る事は大変危険です。

触らなくても危険です。

これは、施術時間も、施術技法も、エネルギーの強さも関係ありません。

私は、今まで、メンタルセッションにおいても、ほとんどもらうと言う症状が出た事はありません。

それは、知らないうちに、あることをしていたのだろうと言う結論になっています。

実際のところ、少し違うとは思うのですが、基本的な考え方は同じではないかと思います。

そして、これは、恋愛面においても、同じことが言えるのだろうと、思うわけです。

うまく行く人はもらわない、良い意味で相手に影響されることが無いです。

で、そんなセミナーをやってみるのも、面白いなと思うわけです。

皆さんお楽しみに。

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 集客するためのメールに、自分の事をどれだけ書いてよいのか、という話。

  • 旬の食材を食べる事で健康につながる理由をこちらに書いてみます

  • 起業してアドバイスする立場であれば、言いづらい事ほど、確認したほうが良い理由

  • 運気が上がるこんな行動つまり運気を下げないと言う事についてその1

  • 東京での対面施術

  • 待ち合わせの時間、何分前に着きますか?