1. TOP
  2. 美容・ファッション
  3. 天命ワークが意外な方向へ進んでいます

天命ワークが意外な方向へ進んでいます

 2020/03/25 美容・ファッション   194 Views

風水師の但馬檀です。

天命ワークが順調に進んでおります。

そんなこともあり、最近は服のコーディネートなどのお勉強をしています。もちろん、ご相談者様にも反映できるようにと、女性向けの服ですとか、去年アップした、彼氏の服を拝借することを想定したコーディネートですとか。

でこういうのって、実際に殿方のご意見いただけると大変参考になります。

すでに自分が実際に着てみて気づいたことなどがあります。

正直なところ、一般的な婚活服やモテコーデとは違うなぁというのが感想。今迄って起業している似たようなコミュニティにいたせいか、普通に会社でお仕事している方やアパレル関係の男性の方々の意見が全然違う。

ちょっと驚いています。

でも考えてみたら、私もいわゆる婚活スタイルってほとんどしたことないです。

なにせ趣味がきっかけで知り合った人たちばかりですから。

いわゆるモテ服は、一度合コンの時にしてみたら、とっても評判は良かったのですが、全然話の合わない人たちが集まって着まして。そしていわゆる「かっこいい」車に載せてくれたんですが、全然楽しくなかったんですよね。

例えば、私は羽田空港にいけば、必ずおベンツカフェに行きます。なぜかと言えば、ベンツは結構好きで、シートはちょっと固いんですが、長距離だとこのほうが疲れないとか。長距離バス、今でもたまに使いますが、ふかふか3列シートより、硬い椅子の4列のほうが疲れないのはそのせいかもしれません。

あとは、安定性が良いと思います。そして一番なのは安全性。ただ、私がもし買ってしまったら、アクセルふみっ放しで大阪あたりまで走りとおしそうで帰ってこなくなることが目に見ているため、あえて買わないようにしています。

実際車持っているときは、毎週のように河口湖~鈴ヶ森で2時kn・・・えーいやまぁその、夜だとすいているから、というか、時間があれば車のっていたと思います。

古い車でしたから、ふみっぱでもそんなにスピードでなかった(メーター振り切っていたのでよくわからんw)ですしねー アンティークカーも好きだけど、機能面で問題があるので手を出しません的な感じですね。 で今は車は見ているだけでよいです、維持費などを考えても、都内の移動だけならタクシーで十分です。

そんな考え方のわたくしが、見た目でお高そう&ひと踏みで一気に加速しそう車をひけらかす人と仲良くなれる訳もなく。デン〇ーとか〇報堂の人を紹介してくれると言われても、まったく気分上がらないです、笑笑

個性の強い人は、一般的な話は参考程度に

で、そんな私みたいなのは、婚活スタイルしてても、ちゃんとした恋愛なんぞはできないのではないかと気づいたのが、まずひとつ。

そして、そんな私のところにご相談に来る女性陣も、まぁある程度は覚えたほうが良いけど、個性が強かったり、能力高すぎて、かわいい系の服装だと嫌味になってしまうとか。まんま婚活ワンピースでは、新しい出会いは期待できないのではないか?というのがもう一つ。

実際に、うまく行った方は、服の指導はしませんでしたが、超美人で、自分の好きな服を着ているときは良かったです。ただ他のところで指導をうけてから、婚活活動自体がおかしくなってしまいました、はぁ。

彼とうまく行ってないときは、ファッションを変えてみるのはとても有効ですが、うまく行っているときは、ストレスでない限りそのまま好きな服を着ているのが良い訳です。

そんな訳で、いわゆるモテ服にすれば万全かといえばそうでもなく、やっぱり自分の個性は大事なんだなと思う訳です。

例えば、但馬を例にとると、全体のラインが柔らかいので、フリルとかリボンとかレース系とか似合うんです。ですのでウェディングドレスなんか、背中にどでかいレースリボンとかついていたし。

本当はビスチェタイプのシルクサテンのシンプルなドレスが良かったのですが、童顔のため全く似合わず、フリフリレースにした記憶があります。

当時はそこそこスリムだったのですが、もともと義母が花嫁に自分の着たかった衣装を着せようとする事件とか色々きいていたので、自分の選択しなんでないくらいのつもりでいたので、そこはまったくストレスありませんでした。

たまにはフリフリも可愛いですからね。

ただ、子供のころから服を作ってもらったりしていると、自分の好きなものが作れて着れちゃうから、好きなものが着れないのは、予想以上にストレス。

初めの夫は、服に無頓着でしたので、私がどんな服を作って着ていても、何も言いませんでしたので、その辺はストレスフリーでしたしね。

当時は、アシンメトリーなデザインのものを作ってド田舎で着ていたせいか、子供が泥だらけの手で触っても怒らないのをみて、ママ友がびっくりしていた事もあります。まるっと洗えるけど結構良い生地でしたから、ビックリするのも無理はありません^^

もしこれ、婚活で大人しめのワンピースとかきてですよ。旦那様の方が、そういうコンサバティブなものが好きな方で。でてっきりそういう人だと思われて、じゃぁ結婚しましたってなってから違ったら大変ですよね。

ネイルなんかもそうですけど、服もストレス解消なども含まれるんですが、それを、そんな服着ないでとか言われても、ストレスたまりますし。

逆に美意識高すぎる人にいつもチェックされるのもちょっとこわいかもー干物日もあるし。

そう考えると、一概に婚活服といっても、ある程度自分の好きなものは出していく必要はあるのですよねっなんて思うのです。

関連記事

  • バッグのサイズと年収の関係ってあるの?というお話。

  • コートに学ぶ、簡単な成功法則