1. TOP
  2. 占い・風水よもやま話
  3. 闇の力という言葉の不思議

闇の力という言葉の不思議

 2019/07/16 占い・風水よもやま話   1,305 Views

闇の力という言葉の不思議

風水師の但馬檀です。

子供が昔の動画を見ていました。

カードキャプターさくらです。

何となく一緒に見ていたら、呪文の中に「闇の力」という言葉が出てきました。

そういえば、呪文の中に闇ってことば、結構使うんじゃないかなと思うのですが、ここで言う「闇」っていったい何でしょうか?

ちょっと気になったので調べてみました。

神とサタン

神とサタンという存在は、皆さんご存知だと思います。

ネット上で調べてみましたところ、超ネガティブで、人の足を引っ張ったりする存在を、総じてサタンと呼ぶそうです。

そういえば、人を誘惑する存在がサタンですから、魅惑的な女性の事を「小悪魔」なんて呼びますね。

さて、カードキャプターさくらでは、「闇の力」を、利用して、問題を解決していきます。

見ていると、トラブルは、ネガティブから発生します。

そこにネガティブをぶつけてみても解決はしないはず。

闇を悪と考えると、ちょっと、つじつまが合わないですよね。

視点を変えることで、つじつまが合ってきます。

私たちは、無意識に「闇」=悪ととらえていることが多いのですが、本当の意味は単に「暗くて見えない」という意味です。

また「知識が足りない」ですとか、見えない部分で行動するというような意味も含まれてきます。

そんなわけで、この「闇」を心の中の「認識できない・わからない」領域、という解釈をしてみましょう。

すると、するすると意味が通ってくることに気づきます。

認識できない心の領域ですから、潜在意識や高次元など、見えないエネルギーの事になりますね。

エネルギーに善悪は存在しません。

そうしますと、ここで使っている呪文は「見えない領域の力よ発動せよ!」という意味になります。

これなら、意味が通じますよね^^

見えない力自体には、本来善悪はないのです。

扱う人がどういう方向で使うか、心の中にどういう前提がはいっているかで変わってきます。

つまりは、ポジティブに使うかネガティブに使うか。

それだけの違いである事に気づきます。

まとめ

過去のスピ系な文献に出てくる「闇」という言葉は、良くないものではなく、見えないもの、と認識したほうが正しそう。

神とサタンの違いは、願いをかなえやすい思考か、そうでない思考なのかの違いである。

 

パワスポツアーや健康情報など、人生を変える無料メールマガジンのご案内
パワースポットツアーのご案内や、人生を変える・健康情報など満載の、無料メールマガジンを発行しています。
無料登録

関連記事

  • 子供が定職につかないのは、本当に問題なのか?

  • ヒーリング、使えなくなるからね!と、言われた私。その後

  • ペットの前で、悪口を言うと、こんな事件がおきてしまうかもしれません。

  • 名刺をいただいた際、そのあとにどうするか、ご存じですか?

  • 不登校のお子さん、家でどうしていますか?

  • さらりと成功する為に大切な事