1. TOP
  2. 占い師になるための成功哲学
  3. 不幸な恋愛どんとこい!と思ったらどうなったか、という話

不幸な恋愛どんとこい!と思ったらどうなったか、という話

 2017/06/16 占い師になるための成功哲学   1,522 Views

不幸な恋愛どんとこい!と思ったらどうなったか、という話

風水師の但馬檀です。

斎藤一人さん、相変わらずはまり中です。

実は、全然聞いたことがなかったんですが、聞いていてそうだよね~ってうなずけることがたくさんあります。

で、今回は、こんなものがあります。

「波乱万丈どんとこい」と言うと、楽しい波乱万丈しか来ないよ、という話。

で、「じゃぁ不幸な恋愛どんと来い」って思えば、来なくなるかな~ってなぜか思ったのですね。

で思ってみました、「不幸な恋愛どんとこい」って。

どうなったか?

この人付き合いたくないな~って、はっきり思った人

もうね、この人付き合いたくないな~って人が、仕事の関係できたの。

但馬はめずらしいです。

問題が起きても「ごめんなさい」が言えれば、それで仕方ないかなーって思います。

誰にでも間違いはありますからね。

ただね、今回は「自分は悪くない」「自分さえ良ければよい」という、今どき珍しいくらいの女性なんです。

その人が仕事した後にわからないことなどがでて聞くと「私じゃない、知りません」っていうの。

で、他人をほめると、それは私が指示しましたっていうの。

他の方は、他の人のミスでもすぐごめんなさいっていうんです。

会社として申し訳ないからだとは思うのですが、心からお詫びをして一生懸命その人のサポートをするんですね。

で、そのサポートされている人が、一から十までそんな調子なんです。

過去の自分とは決別することもできます。

でまぁ、以前違う人で似たようなことがあったんですが、ある方に話したら「それは過去の自分だと思うので、無理して付き合う必要はないのでしょうか?」と。

でも、その時はしばらくすれば成長するのかなぁと思ったのです。

ただ、今回はもう限界。

おなかいっぱいなので、こういう人とは関わらなくてよいかなーと、思いました。

人生の課題は、感情を味わう事。

人というのは、感情を味わう事が人生の課題としてあります。

ですので、嫌だなぁという気持ちをしっかりと感じきらないと、その環境から抜けきることができないんですね。

恋愛ってやったんてすが、こういう、少しだから大丈夫と、目をつぶっていた部分が良くないよと、言われた気がしています。

そんなわけで、今回は、ちゃんと抜けることができそうです^^

あの人がちゃんと私のいう通りにやってくれればよいのにと、思った時にやるとよい事。

ところで、こういう「私は悪くない」「他のひとがちゃんとやれば、物事はうまくいく」という思考の時にやるとよい事があります。

他の人が自分の思うとおりに行動してほしい、という期待をしない事です。

他の人は他の人の考えで行動しています。

あなたのロボットでも持ち物でもなんでもないです。

あなたにとって当然の事は、他の方にとっては、まったく理解できないことかもしれません。

例えば、これがお金を払って、仕事として何か依頼しているならまた違います。

お金を払っている人に最終決定権があります。

引き受けたなら、目に見える結果がでるか、相手がお金を払い続けるまでは仕事をする方が良いと思います。

ただし、友達や恋人・家族など、金銭が絡まないような関係というのは、あなたの事が好きか嫌いかで、物事が動きます。

まずは相手が楽しく過ごせるようにこちらが努力すること。

私は、今回の人にはこれ以上「やってほしい」と、思わなかったので、そのままさよならしました。

ただ、相手に何かをやらせようと思う場合は「やってほしい」相手が楽しく過ごせ、あなたのために何かをしたくなるよう、こちらが努力することが一番の早道です。

どうするかといえば、次の項目をすることです。

1)相手の行動を制限しない。やっていることを「何それ」などと指摘したり、関係ない部分に突っ込みを入れないことも含みます。

恋愛ですと、もしあなたがキスしたら恋愛だと思っているって言ったとします。

そしてそのあとに、彼とキスした。

でも彼は「俺は付き合うつもりないし、当然今も君とは付き合ってない」といわれてたら、「そっか、今は付き合ってないんだね」と、彼の想いを受け入れる。

これが、相手の行動を制限しない、という事です。

2)相手のやりたいことをさせてあげる事。「〇〇いかない?」というのも、相手がやりたい事です。

3)批判しないこと。「●●してくれれば、いいのに」という事や、「やってくれない」という事を陰ひなたなく言わない。

ジャッジ(自分の考えにあっているかどうか)という考え自体も、ここに入ります。

つまり、相手に「もっとこうすればよいのに」とか思う事です。

いう事で、心の奥に刷り込まれていきますので、同様の現象がどんどんと起きてきます。

これは、お相手だけではなく、周囲の人にもやってください。

彼だけでよいと思っていると、やっぱりうまくいかないです^^

ペットのリンリンが、毎日私にべったりしている本当の理由。

例えば、うちのペットのリンリンは、日に何回も遊びに来ますし、ずっと椅子の端っこに居座り、私とべったりしていることもあります。

じゃぁ、それは私が連れてくるかといえばそうではありません。

子供は、リンリンをよく捕まえて構っています。

リンリンの事は大好きなので余程遊んでくれそうですが、自分から子供へ近づく事は、まずないです。

で、私は自分からは行きませんが。彼が来たら、喜んで撫でてあげたり、かまってあげたりしています。

他には、足輪が絡んでいたら直してあげたり、新しいお水がほしければ、すぐあげたり。

遊んでほしそうなときは、一緒に遊びます。

嫌がらない限りは、通りすがりにほんのちょっとだけ頭をなででスキンシップしたり。

常に愛情をそそぎます。

嫌がることはしません。

そうして、3年たったら、ビデオチャットに参加してほしいな~と思っていたら、何も言わなくても、ほぼ毎回やってくるようになりました。

私が入ってほしくないお部屋には、かまってほしいときに、わざと入る以外は、入らなくなりました。

人間関係はインスタントラーメンではありません。

言葉のわからないペットでさえ、こんな調子です。

しかも3年かかっています。

もっと頭の良い人間なら、もっと言葉が通じますしいろいろな事を考えます。

普段の行動も見られます。

もっともっと愛を表現して当然です。

いったんこじれたなら、倍くらい時間をかける心づもりが必要です。

ポイントは、あなたが、望みをかなえたいから、という部分です。

現時点で相手は、そのあなたが望んでいる事に関して、興味がないか現状維持でよいと思っている、という事です。

もしあなたが「自分が願っている内容のほうが、相手にそっても幸せ」と、思ったとしても、お相手が望んでない事は、その願いは、お相手にとって幸せではないのです。

ですので、今の時点で相手がやらないことに文句をいったところで、まったく見当違いなのです。

常に怒っているように見える人。

ところで、はたから見ていると、こういう人って一から十まで怒っているように見えます。

無料掲示板の書き込みについてメールが届く事がありますが、参考になるというお話とともに、「あんな口の聞き方をするなんて信じられない」というような内容のものもあります。

怒りをため込んでしまっているがためにおこること。

これって何かといえば、怒りをため込んでしまっているがために、そのため込んだものが、常に垂れ流しになっています。

何をいっても、その溜まった怒りが、言葉のはしばしから漏れ出します。

ですから、周囲からすると、なんでこの人は一から十まで怒っているんだろうっていう風に受け取ります。

ただ、ご本人は全く怒っているつもりはなく、普通に話をしているつもりです。

そして、怒りの大本は、泣くに泣けないほどの悲しみや孤独感です。

つまりこういう人は、いろいろな事をため込んで、苦しくて悲しくてとってもつらいのに泣くのはいけないと思っている。

そして、怒りを出すこともいけないと思っているために、全部の感情を心に押し込めている人、という事になります。

こういう時の表情って、顔がこわばっていて、常に怒ったような顔になっています。

毎日顔のマッサージをして、感情がわかなくてもよいので「私は幸せ」と、最低100回はアファメーションをする。

そして、上に書いたことを常に周囲の人にも行うと、数年で改善していきます。

ときおり地域性もあります。

メールではなく、語調がとにかく荒い方もいらっしゃいます。

有名なのは四国のある地域ですが、他県の人からすると、常に怒っているように聞こえます。

ですので、他県で住む事になったときは、早めに方言を修正して、地域の言語に直したほうが良いです。

最後に

で、ここまで来て、ある事に気づきました。

パートナーシップでいえば、「不幸な恋愛どんとこい」ではなくて「波乱万丈なパートナーどんとこい」って思ったほうが良いですね。

そうしないと不幸な恋愛がやってきてしまいます^^

結果として凄くよかったので、学びのための勘違いだったと思いますが、今後は波乱万丈・・で、やってみようと思います^^

 

\ SNSでシェアしよう! /

但馬檀:運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

但馬檀:運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人の〇倍やっていますか?という話。

  • 今の仕事は嫌なんです。どうしたらよいでしょうか?というご質問

  • 量子力学的観点からみた「鏡の法則」

  • ゾーンに入る感覚を覚えよう

  • 仕事がうまくいく人が、当たり前のようにやっている事

  • 一流と三流の違いについて考えてみる