1. TOP
  2. 未分類
  3. 花粉症対策についての、但馬的な新説

花粉症対策についての、但馬的な新説

未分類   725 Views

花粉症対策についての但馬的な新説

風水師の但馬檀です。

私は花粉症を含めアレルギーをもっています。

物心ついたころからで、本当によくわからないもので突然アナフィラキシーショックのような状態が起きたりします。

全般的な虚弱が幸いして、大丈夫なんですけど、本当に絶妙なバランスで生きているよなぁと思う事が多いです。

本当に花粉症なの?

さて、ここ数年花粉症がどんどん流行っています。

私も、年々それらしい症状がでていますが、これ本当に花粉症なのかな?と体感することがあるので書いておきます。

くしゃみや鼻水がとまらないときに体で感じること

花粉症の特徴はくしゃみや鼻水。

人によっては顔がはれたり微熱がでます。

私も、そうなるんですが、不思議と体温が上がっているときにはなりません。

どう考えても花粉以外が原因ではないかと思ういくつかの理由

体温が高くなると症状が消える

どういうことかといえば、今日もそうだったのですが、トレーニングジムで運動をして体温をあげます。

サウナや温泉も同じですね。

いった後にはくしゃみと鼻水はピタッと止まります。

自宅でも、遠赤外線の筒みたいな服があるのですが、それを身にまとって少し汗ばむくらいにしていると、咳もくしゃみも出ません。

花粉アレルギーであれば、体温あげたくらいで、症状が止まるという事はないはず。

顔にかぶれのようなものができる

今年からなのですが、顔ははれます。

晴れるというか、薬品にまけたような湿疹がでます。

これは体温関係なく出ています

アレルギーも、添加物があると思われるもののみ発生

私の場合、食材そのものよりケミカルなものにとにかく弱いです。

食品アレルギーも、特定の素材ではないようです。

まとめ

花粉症と一からげにされていますが、

本当にそうなの?

自分はちがうんじゃないの?

と、もう一度見方を変えてみてもよいのではないでしょうか?

実際に、私は水のような鼻水が体をあたためるだけで落ち着きますから。

使い捨てのマスク使用料が減ることで、それに使用する樹木が減る、つまりエコフレンドリーであるとも言えるでしょう。

 

 

 

関連記事

  • 不倫・二股されるうまれの、回避方法

  • やっぱりエネルギーでトラウマは吹き飛ばすことができる、という話

  • 経済の法則を知る事で、ターゲットが、より明確になる?

  • 手軽に巨木に出会える新宿御苑街外側歩道

  • 共振という、心の仕組みについて

  • 但馬檀の開運法は呪詛なのでしょうか?というご質問について