1. TOP
  2. 占い師の集客法
  3. ナカのオシゴトというのは、パートナーシップにおいて〇〇のようなもの

ナカのオシゴトというのは、パートナーシップにおいて〇〇のようなもの

 2017/06/10 占い師の集客法   1,225 Views

ナカのオシゴトというのは、パートナーシップにおいて〇〇のようなもの

風水師の但馬檀です。

関西から帰ってきて、とても嬉しかったことがあります。

それは、開運絵馬などをやってくれている、受講生さんたちが、但馬が休んでいる間に、セッションなどをほぼ全部終わらせてくれて、完了報告がバンバン入っていたことです。

動けないときほど、仕事が回る状態にできるのが、良い状態。

実は責任者不在の時に回るのが、一番良い状態なんですね。

会社でも、うまく回っている会社って、どんどん社員が仕事をやってくれるので、最終的に社長さんは社内でやることがなくなったりしますね。

今回、人によってはその日に終わった分を、毎日報告くださっている方もいらっしゃいました。

良い人たちに恵まれて、とっても幸せです^^

好きな事だけやろう、という事の真の意味

最近、「好きな事だけやればよい」という話が出回っていますが、まずは斎藤一人さんのお話。

・仕事をしたくないと会社を休んで3日寝ていれば、お給料がもらえなくなって楽しくなくなってしまう。

・買い物楽しいと収入以上の買い物をすれば、あとから大変な思いをする。

それは楽しくないので、楽しい状態でいるために仕事はちゃんとやる、という事ですね。

ナカのオシゴトは、彼との関係でいえば、いわば〇〇のようなもの

恋愛関係でいえば、不安な気持ちを解消するためにメールを日に100通も送る人がいます。

彼とラブラブメールを1日中しているのは楽しいでしょう。

しかし毎日仕事中にやっていれば、普通は会社をクビになります。

そして、まともな思考の持ち主で、普通に仕事をしている相手なら、たいてい別れる事になります。

結果的に楽しくない自体になるので、人に迷惑をかけないていどにね、という事です。

さて、上の話を聞いていて、但馬が普段話していることと違うなーと思う方もいらっしゃる方もいると思います。

恋愛ですと、女性はミステリアスなほうが良いといわれるので連絡しない・細かく話をしないのが良い、という事ですね。

しかしナカのオシゴトについては、いわば結婚したあとの家庭生活のようなものです。

現実的な目線で物事をみて、いまやりたく無いと思っても、結果的に楽しくなるために必要な選択をしていきます。

つかまりにくい相手を急ぎで捕まえるには、複数の手段で連絡します。

これ、複数の会社で同じ対応でしたので、効果的という事ですね。

もちろん、「お忙しいところ申し訳りません」と、ちゃんと丁寧に連絡することは大切です。

恋愛でも、嫌な事はちゃんと伝えないと、結果的にうまくいかないですからね。

そういう意味では同じです。

そして、相手が忙しければ忙しいほど、連絡をちゃんととっておくこと。先回りして、自分の分は終わらせておくことが必要です。

あとで修正がはいっても、です。

つまり自分が損することを考えて仕事をしていると、うまくいかない・仕事のできない人になりますよ、という事です。

恋愛では絶対にやってはいけません。

ところで、上に書いたことは、恋愛で彼には絶対やってはいけないことです。

あと、堀江貴文さんにもやってはいけません(笑)  参照

但馬自身も、仕事で捕まらない上司の時や急ぎの時は、メールに電話に、隣のデスクの人へお願いして、デスクにメモしてもらう、までしてました。

メールも、読みやすいように工夫して書きました。

読み抜け・確認もれがあると、困るのは自分です。

読んでもらえないメールを送っているのは自分ですから。

だから、メルマガの意味が通らなくて物が売れないのは但馬の商品なら私の責任。

しかし、お金をもらって書いている場合、他人に損益を与えることになります。

責任重大という事です。

そのくらい、ナカのオシゴトと恋愛は違います。

仕事とパートナーシップの似ているところもあります。

営業などのお客様のハートをつかむ、という部分については、仕事と恋愛と似ている部分があります。

相手の嫌な事をしないで、好む事をすればよいですから。

しかし、内部の仕事は多少うるさくても必要な事はやる。

耳が痛い事も、結果的に皆が幸せになるらやる。

家族ってそうですよね。

ようするに、その人との関係性で、使い分けが必要、という事でもあります。

 

関連記事

  • ワードプレスでリンク先が開かないことが多い時の対処方法

  • 販売記事のリンクの文言は、タイトルと同じくらい重要です。

  • サンリオのキャラカフェが街に溢れています。

  • メニュー作りの際、その商品が売れるかを考えるより、大事な事。

  • ページ構成を作りました。

  • 継続サービスについて考えてみる