1. TOP
  2. 占い・風水よもやま話
  3. 建物にも、年運というものがあります。

建物にも、年運というものがあります。

 2017/07/10 占い・風水よもやま話 宅内の風水について   1,355 Views

建物にも、年運というものがあります。

風水師の但馬檀です。

ダイヤモンドセッションの、風水鑑定を行っています。

最近、こういうスタイルでの鑑定をされている方が多いですが、但馬の場合は、地図の羅経図です。

8~9年くらい前だったと思いますが、ないのでイラストレーターで作りました。

これやって、貼り付けてぼーっと見ていると、気づかなかったものが見えてきたリします。

ていうか、見た目が素敵♪

ちなみに、外側のほうに赤い色がついている部分は、全部で384のマス目がありますが、全部自分で書いています。

英語版もどこかにあります。

15~16項目、全部手入力。一週間くらいで作ったと思います。懐かしいです^^

さて、今回のお題目に映りたいと思います。

人にはその年の運気があるように、家にも年運があります。

今流行りの、プロがメインで扱っている本格風水鑑定って、動水いれて色や開運アイテム入れて終わりっていうパターンが多いのです。

実際は、そこに年運をいれて、今は大丈夫だけれどもこの年は要注意とか、やっていきます。

生まれによっても変わってきますので、生まれも見たほうが良いです。

もちろん、全てがそうという訳ではありません。

しかし、運気が落ちている人の場合は、そもそも家に厄年みたいなものが出ている事が多いです。

普段の生活の中での、手っ取り早い開運法

普段の生活で、そういった良くないものを避けるには、エネルギーの良いものをいただいたり、パワースポットへ月1は通うようなことをしているとよいです。

良いエネルギーに慣れておくことで、自然と避けることができます。

全国のパワースポット一覧

家を建てるなら、風水住宅がおすすめです。

もちろん、自宅を建てるときは風水的によいものにできれば一番です。

全体の費用からすれば、十分ペイできるような費用で風水住宅は作ることができます。

 

\ SNSでシェアしよう! /

運を拓く15の法則の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

運を拓く15の法則の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 仕事のやり方が自営業に向いている人とそうでない人の違い。

  • 鯖江のメガネを買いました。

  • ワンツーステップで癒しを見つけ出す、簡単な方法

  • 体調がよくない方が、まず初めに行うとよいことがあります。

  • 心の在り方が格好良いと、運気が拓ける。

  • 風水的に、玄関マットはどこに置けばよいのでしょうか?という質問