1. TOP
  2. 発達障害

発達障害

  • ビリーアイリッシュのトウレット症候群カミングアウトに思う【人は、もっと大らかに生きてもよいんじゃないか】

    ビリーアイリッシュのトウレット症候群カミングアウトについて 風水師の但馬壇です。 少し前に、ユニクロがビリーアイリッシュwith村上隆コラボTシャツと言う、ビッグなコラボTを出しました。 それ以外にも、ポケモン(Pokemon)と現代アーティストのダニエル・アーシャム(Daniel Arsham)Tシャツと、こちらも訳わからない位、世界的に有名なコラボ。 ところで、ダニエルアーシャムとビリーアイリッシュって、何がすごくてなんで有名なのでしょう? ダニエルアーシャムは、もともとは地下鉄などの壁にいたずら書きとして書かれていた絵がすごいという評判が立ち、誰が書いたものかわからなかったのですが、のちにダニエルアーシャムの作品であるという事がわかったというアート作品です。 ポケモンコラボのコンセプトとしては、1000年後の考古学者の視点からポケモンを発掘したらこうなる、という事らしいです。 そして、そのデザインを通して、形あるもの有限であることや時間の流れを表しているとか。 うん、もっと大切に時間を使いたいものですね、化石になる前に。 そして、ダニエルアーシャムの作品って、現代美術に関心がある人なら有名かもしれないけど、知らない人はたぶん一生知らない。 といういう類の作品のように思います。 ただ、コンセプトはすごく良いと思います。 Tシャツとかで、世界に広まってくれれば、興味を持った人がまだ調べてくれる。そして有限の時間について考えるきっかけになるかもしれません。 オリンピックを期に、そんな考え方が広まれば、世界もかわったかもしれません。もちろん、コントロールをしたい国からすれば邪魔なだけで、必死で阻止しようとするでしょうけど。そのほかにも思う事がありますが、まぁ、だから何よって感じなので割愛。今回書きたい事ではないです。

    2020/09/02